【ハマる‼︎】 BeとMをつかったトーンダウンレシピ | THROW JOURNAL
お役立ち
【ハマる‼︎】 BeとMをつかったトーンダウンレシピ
May. 22. 2016 / 560 Views

スロウジャーナルでライターをさせて頂いている
大阪で美容師をしている内川です。
THROW journalをたくさんご覧いただきありがとうございます

THROW、はまっています。

いろいろつかった結果
使いたいレシピがあります。

今回は、その一つをご紹介

トーンダウンの時のTHROWのカラーレシピ

M/06

MATT

FASHION COLOR

M/マット

やわらかさのあるマット

詳しく見る >

Be/06

BEIGE

FASHION COLOR

Be/ベージュ

まろやかなイエローベージュ

詳しく見る >

2 : 1の比率でオン

まろやかなマットは、こうだ

使い続けての感想

  • 鮮やかな発色
  • 今までのカラー剤より、寒色系の強み
  • アンダーを削りすぎない染まり上がり
  • こういったことを特に感じます。

    ナチュラルな感じを
    残したイメージにしたい
    トーンダウンの時には、
    ミックスは、
    おすすめレシピですね。

    次の日お出かけなさるのですが、
    喜んでいただける
    生の声が
    何より嬉しい
    ですね。

    ご参考になさってください。

    いろいろな悩みは
    美容師さんにご相談を。

    そうすることによって、
    おひとりおひとりに合わせてのご提案をしていただけますよ。

    カラーを諦めず、楽しめる方法はきっと見つかります。

    そして、素敵なカラーを
     

    happy beautiful color life

    • twitter
    • facebook

    いいね!して
    THROWの最新情報をチェックしよう!

    WRITER

    内川 淳之

    haircreate Piar
    内川 淳之

    • twitter
    • facebook
    • instagram

    店舗名haircreate Piar

    取扱カラーすべてのカラー

    URL