強烈なアクセントカラーBlue!!濃いめ、強めのヘアカラーでなりたい髪色に近づこう! | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
強烈なアクセントカラーBlue!!濃いめ、強めのヘアカラーでなりたい髪色に近づこう!
May. 19. 2016 / 1580 Views

HAIR CREWの澄です。

東大阪の片隅の布施というところで髪の毛を切ったり染めたりしています。

皆様のなりたいカラーを叶えるために、またそれを超越できるように日々邁進しております。

濃いく強いカラーでなりたいカラーを超越

わりと淡い色味として『外国人風カラー』が皆様の中でキーワードとしてあるかと思いますが、一層の事激烈濃いめなカラーをオススメしていけば色々と超越できるのでは?と思っています。

ただ、『濃い〜アッシュいきましょうよ。』

とオススメしても、えっ?濃い?それってどんな色?

と及び腰になり結局いつものカラーというところに落ち着いてしまう事も少なくありません。

もう一歩踏み込むとヘアカラーはまた新たな表現を見せてくれます。

という事で今回一歩踏み込んだ勇気を持ってして濃いく、濃い〜く染めてみました。

Beforeとしましては、黄色っぽく抜けた11レベルベース。毛先は少しアッシュな感じが残っています。1ヶ月半前にカラー。

ただお客様は『もう私の目にはオレンジにしか見えない!』という事で退色加減も自覚されているようでした。

ただ良いペースですよね。1ヶ月半ぐらいでのカラーは。

ダメージに気をつけて繰り返しカラーされると完成度は高まっていきます。

After

もちろんTHROWを使います。

アッシュ。

ASH

FASHION COLOR

A/アッシュ

クリア感のあるブルーアッシュ

詳しく見る >

こちらにアクセントカラーのBlueをブレンド。アクセントカラーとは色味を強調したい時に加えるもう一押しのスパイスです。

もう。青!!!ですね。

根元はA/08オキシ6%。

毛先はa/07+Blue(2:1)オキシ4.5%。

バックから1人塗りで12分放置です。

でん。

っつ。

凄い彩度感。これが濃い〜カラーです。

品もあり、艶もあり。

恐れることはありません。この夏は濃い〜カラーでいきましょう!

美容師さん、Blueはかなり強烈です…

THROWのアクセントカラーのBlueですが、かなり強烈に感じます。

もはや主役になり得る勢いです。

色々なサロンワークスタイルがあると思いますがほぼ新生部と毛先のオキシは変える、ドライで塗布、全部1人塗りでやってます。

放置タイムは15分目安で薬剤選定しています。

今回既染部のオキシは本来なら3%でいこうと思ったのですがBlueの威力にビビって4.5%にしました。たぶん正解だったと思います。

放置タイム12分も途中チェックでバリバリに発色していたので、OKと判断して流しました。

今回のようなパターンなら新生部にもBlueをミックスするか、既染部塗布の際しっかり被せて塗布しないとBlueの主張差が出てしまいます。

自分が今まで使ってきた薬剤はアクセントカラーといえどもここまで発色しなかったので…参考になれば幸いです。

中々じゃじゃ馬なアクセントカラーBlueですが自分はハマりそうです。

濃いめ、強めなヘアカラーをお楽しみください。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

澄 辰也

Palacchi豊中店【大阪 阪急豊中駅】
澄 辰也

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名Palacchi豊中店【大阪 阪急豊中駅】

取扱カラーすべてのカラー

URL