紫外線でカラーが褪色する理由は○○だった! | THROW JOURNAL
PICK UP
紫外線でカラーが褪色する理由は○○だった!
May. 15. 2016 / 671 Views

何故紫外線でカラーは褪色するの?

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

毎日暑くなってきています。

これからの時期気になってくるのが紫外線です。
よく聞く、紫外線を浴びすぎるとカラーが褪色するって言いますよね?
それって何故褪色するのか知っていますか?

紫外線でカラーが褪色する理由

紫外線で髪が退色する理由は、紫外線によって、メラニン色素が壊されてしまうからです。

紫外線の影響を始めに受けるのは、髪の表面を覆っているキューティクルです。

紫外線を受けると、キューティクルは剥がれてしまいます。
その剥がれたキューティクルの隙間から髪の内部に紫外線が入り込みます。
髪の内部には髪の色を黒くするメラニン色素と言うのがあります。

黒髪の人は、メラニン色素が多いので、カラーをしている人と比べてメラニン色素が紫外線の影響を吸収して、ダメージは少なくなります。

でも、カラーをしている人は紫外線量が増えると紫外線を吸収しきれなくなったメラニン色素は分解してしまいます。
メラニン色素が分解されて減少してしまうと、髪の色が褪せて退色してしまいます。

つまりカラーをされてて褪色を防ぐには今からの時期はUVケアや、日傘、または帽子などをかぶり紫外線から守って頂くとカラーの色持ちは良くなります。

これからの時期は特に気をつけてみてくださいね。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL