【ヘアカラーQ&A】ヘアカラーってどんな時に傷むの? | THROW JOURNAL
PICK UP
【ヘアカラーQ&A】ヘアカラーってどんな時に傷むの?
Apr. 27. 2016 / 234 Views

どうもTHROW journalライターの浦松です!!

今回は【ヘアカラーQ&A】シリーズのダメージについて

過去の【ヘアカラーQ&A】はこちらから

ヘアカラーって傷むの?

この質問をされると正直時と場合によるという返答になってしまうのですが

実感論としてお伝えするのであれば、ヘアカラーにおいて“傷んだ”と感じる事は少なくなってきたのではないかなと

それは薬剤の進化です!
THROWをはじめメーカーさんがいろいろ研究しトリートメントなども配合したりする事で

サロンカラーだからできる手触りや艶感
色のクオリティが出せるのです

ホームカラーでは絶対に出せないレベル

ならどういった場合にダメージが生じるのか

それは今の明るさよりも明るくする場合に負担がともなってきます

※カラー剤の場合は感じないレベルになってますがかなり厳密な事を言えばという事です

ヘアカラーにおいては明るくしていく作業にダメージが伴いやすい

特に気にするべきはブリーチ

これはブリーチを否定するものではなくあくまでダメージの観点での話です

もちろんブリーチしないと出ない色もありますが、ブリーチした髪としてない髪では明らかに手触りや色持ちは変わってきます

最近ではブリーチも痛まずにできる薬も出てきてます

基本色を足す範囲ならダメージは気にしなくていい

抜けてきた色を足す分には今はほとんど傷みは感じないと思います

だからこそ根元だけ染めるって事は勿体ないなと♪

根元だけって選択は一見薬をのせてないのでダメージ無しなように見えて

でもその抜けきったヘアカラーが痛んだように見えるって事もあります

少し色味を足すぐらいなら負担もないしのせてる方がより美しく見える

少し長くなりましたがまとめると

今より明るくしたい場合多少負担は伴う

カラー剤の範囲ならそんなに気にする必要はない

ブリーチをしたかしてないかは結構変わる

※ダメージの観点からのお話である事、最近では痛まずにできるものもある

色を足す範囲ならダメージは気にしなくていい

この辺りを参考にまたヘアカラーライフを楽しんでください♪

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

浦松俊宣

release
浦松俊宣

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名release

取扱カラーすべてのカラー

URL