THROWのブルーを【tint bar】に変えてシルバーを表現してみると… | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
THROWのブルーを【tint bar】に変えてシルバーを表現してみると…
Oct. 03. 2019 / 149 Views

こんにちは!
日々、カラーとショート・ボブに注力し
好評いただいています
前橋の美容室ペイズリーパーク
町田聖彦です!

はい、ティントバーを使った事例をサクッとご紹介します!
新しいアイテムな分、単体でどんな表現がされるか見たいところですが今回はTHROWとのミックスです!もちろんスロウとも相性よく設計されているものだから、かなり良い表現がされるんじゃないかということが予想できます!

メンズのモデルさんですが、以前ダブルカラー(ブリーチ×THROW)でシルバーを表現しました。何度かシルバーカラーをしていますが、その度に若干のマイナーチェンジをして変化をさせています。そのなかで、少し青みの濃いシルバーにしたことがあります。
もちろんその時は【THROWのブルー】を使用!
実際のレシピとしては

Mt6:ブルー:スモーク:v6(4:1:1:5%)

こんな感じでした!

今回はそのレシピをベースにして、その他の色・比率は変えず
【THROW/ブルー】→【tint bar/インディゴブルー】
にしてみます!

仕上がったのがこちら!!

今回は【インディゴブルー】をそこまで多く配合した訳ではないので、微妙な差のようですが、やはり濃さと鮮やさが増してる気がします!

比較すると

(左がtint bar)

画像で分かりにくい部分を言葉で捕捉すると、
THROWのブルーはややグレー寄りなことと、光に透けた具合がくすみの強い印象!
それに対して
tint barのインディゴブルーは絵の具の様な原色っぽい青寄りで、透けた具合はビビッドでツヤがある印象です!

組み合わせ方や比率次第で、カラー表現の考えとして今までの明るさ(縦軸)や色味・濃さ(横軸)のコントロールという考え方だけでなく、鮮やかさや質感の選択という斜め軸(?)という概念が加わったような…。表現や発想がさらにひろがるんじゃないでしょうか?
そんなコトを思いました!

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

町田聖彦

Paisley Park
町田聖彦

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名Paisley Park

取扱カラーすべてのカラー

URL