tintbarで染めてみて分かった驚愕のスペック、THROWのアクセントとの違い | THROW JOURNAL
noimage
お役立ち
tintbarで染めてみて分かった驚愕のスペック、THROWのアクセントとの違い
Sep. 28. 2019 / 303 Views

サンプル配布も一瞬のうちに終わってしまうほど注目度が日に日に増してるtint barですが、

早速自分の手元にも届きましたので、早速染めてみました。

ぱっと見のデザインはポップな印象で、チューブのラベルとか丸いラベルがまたなんとも可愛らしい。

ちょっと使うのが楽しみになるようなプロダクツデザインですね。

まず、染めた毛束のベースですが、

スロウのチャートで大体14〜15レベルくらいの毛束です。

事前に一回だけプリーチしている人毛の毛束を使います。

こんな感じでぶわっと。

他との比較もしたかったので比較対象も一緒に染めてます。

そして、、、

じゃじゃん!!!

すご!

めっちゃ彩度高っ!!!

アルカリカラーでここまで彩度出せる事に驚きでした。

タイガーリリー

パーフェクトシアン

インディゴブルー

どれもめっちゃいいです。

ヤバイです(語彙力)

そこで、アクセントカラーって事で、

スロウのアクセントと比較してみたくなりまして、

染めて比べるだけなのですが、

どれだけ違うのか検証してみます。

まず、

パーフェクトシアンとスロウのグリーンとの比較です。

ち、違いすぎる。

スロウのグリーンは染まってないように見えますが、ちゃんと染まっています。

tintbarのパーフェクトシアンの彩度が高すぎてスロウのグリーンがかなり弱めの発色に見えます…

次に、インディゴブルーたスロウのブルーです

はい、スロウのブルーもちゃんと染まってるんですよ(汗)

これでティントバーの彩度がどれだけ崇高なものかお分りいただけたと思います。

ただ、スロウは透明感のある処方になっているので、その点ではいい仕事はしてくれてます。
用途に応じて使い分ければ良いと思います。

とにかく、ティントバーの本気度はヤバイです(語彙力)

例えばポイントカラーで単品使いも面白そうだし、スロウとのミックスで今までと表現の幅がかなり広がりそうなアイテムですね。

発売が待ち遠しいです^_^

↓ウチのサロン「tete」のホームページです。広島市にあるサロンですが、宜しければご覧下さい。

↓ケンゾーインスタです。仕事にプライベートに満載です(汗)お気軽にフォローお待ちしてます!

↓ケンゾーのスケジュール、ご予約はこちら。

  • twitter
  • facebook
noimage

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

高橋健治 (kenzo ケンゾー)

tete
高橋健治 (kenzo ケンゾー)

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名tete

取扱カラーすべてのカラー

URL