色素の薄いアッシュの作りかた | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
色素の薄いアッシュの作りかた
Sep. 19. 2019 / 244 Views

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

先日男性のカラーをしました。
その時のオーダーが
【濃くないアッシュグレージュにしたい】
でした。

つまり色素の薄いのを希望されてます。

ビフォーの状態でいうと


毛先はハイトーンになっているのでここにアッシュを薄く入れるイメージです。

この時に例えばアクセントカラーのブルーを使ったりアッシュのみでいくと濃くなります。

今回のオーダーでいうと薄い色とは違います。

そんな時に使うと便利なのは
モノトーン
ホワイト
スモークです。

ここら辺を使いそれにプラスしてヴァイオレットを少し入れると薄くなります。


ただしスモークは入れすぎると濃くなる可能性もあるのでそこは注意して時間等で調整してもいいかもしれません。

今回は根元の暗い所を
ブルーとグリーン1:1で染めて赤みを削り、
毛先は
モノトーン:スモーク:ヴァイオレット1:30%:10%で4.5%で染めました。

結果


こんな感じです。
ホワイト入れるとより薄くなりますが今回は根元と暗さと馴染ませる為にやめてます。

薄いアッシュにする際に参考にしてみてください。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL