【tintbar】very very pinkを単品使用してみたら高発色そのものだった | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
【tintbar】very very pinkを単品使用してみたら高発色そのものだった
Oct. 01. 2019 / 387 Views

大阪心斎橋にある美容室releaseのスタイリスト浦松です

今日なんですけども11月発売のtintbarの使用感をお伝えできればなと

今回はvery very pinkを使用してどんな発色をしたのかを
お伝えできればなと思います

まずは染める前の状態から

状態としてはグラデーションを前回しているみたいで
毛先のみブリーチの履歴があります

ここにvery very pinkを使用してどのぐらいの発色を見せるのか??

試してみました

仕上がりはこちら

根元から中間に関してはブラウンに20%加えたものを塗布
毛先のブリーチ部分には単品を塗布しています

ブリーチの履歴1回でこの発色してくれたらかなりポテンシャル高いなという印象を受けましてた

さすがtintbarと言うべきか

単品使用のレビューとして参考になれば幸いです♪

ヘアカラーに特化したInstagram更新中

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

浦松俊宣

release
浦松俊宣

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名release

取扱カラーすべてのカラー

URL