スロウのコンフォートラインとティントバーMIXしてみた!アクセントカラーとティントバーの違いは? | THROW JOURNAL
コラム
スロウのコンフォートラインとティントバーMIXしてみた!アクセントカラーとティントバーの違いは?
Sep. 24. 2019 / 82 Views

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

最近新カラー剤のティントバーをよく試しています。単品で自分の髪の毛をサワーグリーンで染めてみたのですが色持ちが良いのとシャンプー後にタオルなどに色がつかないのにビビットな色が出て驚いてます。


かなり優秀なティントバーなのですが今回は僕が単色で使ってみたサワーグリーンに

COMFORT MATT

COMFORT COLOR

CM/コンフォートマット

やわらかさのあるマットブラン

詳しく見る >

こちらを1:1で混ぜてカラーをしてみます。

ビフォー

先ずはビフォーはこちら


白髪があり褪色している髪の毛に染めていきます。

単品だとビビットに出るのですがコンフォートとの相性はどうでしょうか?

アフター

染め終わりました。
先ず毛先はこんな感じ

濃厚に入ってます。

使ってみた感覚でいうと艶が出やすく、深い色の中に緑が見える感じになりました。

全体を見るとこのような感じですが、外に出ると表面はよりツヤ感がでます。

アクセントカラーとの違いは?

THROW にはアクセントカラーというのがありそこにグリーンがあります。

それを入れて時との違いですが僕が感じたのは

毛先だけに色が沈みすぎない。

ツヤ感とアクセントカラーよりも色味がわかるです。

この2つのポイントが違うのかなというのとコンフォートラインとも相性が良く白髪も染まります。
是非一度混ぜて使ってみて欲しいのでお試しください。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL