話題の新カラー剤【ティントバー】のベリーベリーピンク!そして【ティントバー】のインディゴブルーとTHROW のモノトーンを混ぜて使ってみた! | THROW JOURNAL
PICK UP
話題の新カラー剤【ティントバー】のベリーベリーピンク!そして【ティントバー】のインディゴブルーとTHROW のモノトーンを混ぜて使ってみた!
Sep. 20. 2019 / 560 Views

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

秋ぐちに出ると言う噂のbexさんの新カラー剤。

最近こちらをよく試させてもらってます。

まるでマニキュアのような発色の良さという噂なのですが面白いのは実はTHROW と混ぜて使う事も出来ます。

今回試してみたのは新色のインディゴブルーにTHROW のモノトーンを混ぜてのカラー。

そしてそれとは別に新色のピンクは単品でインナーカラーとして使ってみました。

まずはビフォー

さて先ずはビフォーです。


全体の明るさはこんな感じに前回入れてたインナーカラーが抜けていてこのぐらいの明るさになっています。

こちらに新色単品のベリーベリーピンク

そしてインディゴブルーにTHROW のモノトーン8を1:1で混ぜた物

こちらでカラーをしていきました。
イメージの仕上がりは8レベルを想定して色を入れていきます。

先ず塗った感触ですがTHROW ドアより伸びもよく塗りやすいイメージです。

そして時間を置くとしっかり入ります。

仕上がり

さてこれがどうなったかというとこんな感じ。


おお!濃厚に入っているのですが

先ず驚いたのはそのツヤ感です。

THROW 単品より色が濃いせいかツヤ感が半端なくでます。

そして単品のインナーカラーも


濃くピンクが出ています。

撮影場所を変えて撮ってみると


ツヤ感がすごくそして濃い独特の色になりました。
インナーカラーも


かなりわかります。

こちらを巻いてみるとより色がわかるのですが

かなり綺麗な色です。

見てて韓流ミュージシャンが出してそうなかなりオシャレな色になったという印象です。

インナーも単品でマニキュアでもないのにこんなにわかるのはかなり使いやすいです。

全体をインディゴブルー単品でいくともう少し発色の良い色になると思いますがTHROW と混ぜてツヤ感をより出す使い方をするなら社会人がしても大丈夫な色の出方でオシャレな雰囲気、ツヤ感がでます。

是非一度新カラー剤を試して、そして既存のTHROW とも混ぜて使ってみてください。

おススメですよ。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL