カラーで根元がうまく染まらない原因とは?? | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
カラーで根元がうまく染まらない原因とは??
Jul. 21. 2019 / 470 Views

こんにちは、オギワラです。

個人ブログもご覧ください↓↓

荻原峻一 | スタイリスト

美容師をしております荻原峻一です。ブログでは、日常や髪の知識、ヘアアレンジの仕方などを分かりやすく載せています!なかなか行きつけの美容院、お気に入りに出会えていない方はぜひ一度お越しください

お客様からのお直しで、根元が染まっていない。

と言われることがあります。

美容師側からしたら原因はいくつか考えることができますが、

お客は分からないと思います。

では

根元がうまく染まってない原因って一体なんなのでしょうか??

明るさ設定が違う

例えば暗くするからと言って、根元の薬が前回よりも暗かったり、

別の美容室で染めていて、前回の根元のカラーがわからなかったり

既染部と、新生部のトーンの差が大きい場合、染まってないと思うことが多いです。

放置時間が短い

根元を染めるにも適正な放置時間があります。

それより早く流してしまったりすると、染まってないことがあります。

特に白髪染めは髪の毛がしっかり染まるまで、時間がかかりますので、特に注意が必要です。

濡れた状態での塗布

これは個人的に何度か経験がありますが、濡れた状態だと、薬剤の反応が悪くなりがちです。

もし濡れた状態で塗布する場合、白髪染めならワントーン下げたり、ファッションカラーならワントーンあげたりする必要があります。

まとめ

カラー剤というのは、正直、髪の毛を見ただけでは、前回使ったカラー剤ははっきりわかりません。

また、髪質や、白髪の量によっても、染まり具合が変わってきます。

なるべくなら、カラーの履歴が残るようなサロンでカラーリングをしてもらえると、綺麗に染めてもらうことができます。

ぜひ参考にしていただければと思います。

THROWカラーでステキなbeauty lifeを^_^

Twitterはこちら。
https://mobile.twitter.com/ogiwara_s
Instagramはこちら。
https://www.instagram.com/air_ogiwara
ライン@でもご予約、カウンセリングお受けしています。
友だち追加

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

荻原峻一


荻原峻一

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名

取扱カラーすべてのカラー

URL