過酸化水素水の%で髪の傷みは変わる?? | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
過酸化水素水の%で髪の傷みは変わる??
Apr. 21. 2019 / 377 Views

こんにちは、オギワラです。

個人ブログもご覧ください↓↓

荻原峻一 | スタイリスト

美容師をしております荻原峻一です。ブログでは、日常や髪の知識、ヘアアレンジの仕方などを分かりやすく載せています!なかなか行きつけの美容院、お気に入りに出会えていない方はぜひ一度お越しください

アシスタントからの質問で、

この、2液の濃度ってどう違うんですか??

と、毎年のように質問を受けますが、

THROWでは

6%と3%がありまして、

単純に数字が大きい方が、カラー剤の力をフルに発揮できます。

低ければ、カラー剤の力が弱くなります。

この、力が強くなる、弱くなるは、発色よりも、脱色の力に大きく影響するのですが、1剤の中のアルカリに反応します。

なので、過酸化水素の濃度が高い方が脱色の力が強くなり、低ければ弱くなります。

そして、

脱色=ダメージ

と考えてもいいと僕は思います。

脱色の力が強ければ、ダメージも大きくなるということです。

ヘアカラーをするときは、根元、中間、毛先、メラニン色素の残り具合や、 髪の毛の状態によって、使う過酸化水素の濃度を変えています。

ヘアカラーも奥が深いですね。

この調節は美容師ならではのカラーテクニックでもありますね。

是非参考までに。

THROWカラーでステキなbeauty lifeを^_^

Twitterはこちら。

オギワラシュンイチ 美容師 (@ogiwara_s) | Twitter

The latest Tweets from オギワラシュンイチ 美容師 (@ogiwara_s). 荻原峻一.美容師.マルチバース.THROWjournalライター .insta→ https://t.co/0J7SzpcbDlフォロお願いします☆


Instagramはこちら。
https://www.instagram.com/air_ogiwara
ライン@でもご予約、カウンセリングお受けしています。
友だち追加

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

荻原峻一


荻原峻一

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名

取扱カラーすべてのカラー

URL