カラーがなかなか入らない人の特徴と理由 | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
カラーがなかなか入らない人の特徴と理由
Feb. 01. 2019 / 662 Views

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

よくカラーをして色が明るくなりにくい人っていますよね?

特にホームカラーをしても色が明るくならないというような方もいらっしゃるかと思います。

これは何故なのでしょうか?

色が明るくなりにくい理由

理由としては大きく分けて2つあります。

一つは外的な理由で

  • 自分で以前に黒染めをしている
  • こちらの場合は黒染めがとれてそうでも実は髪の毛の内部に残っているので次のカラーは極端に入らなくなります。

    そしてもう1つは

  • もともと髪の毛が太く赤みが強い
  • こちらの理由です。
    元々髪の毛が太いというのはキューティクルの枚数が多くカラーをしても浸透しにくくなってたり、日本人特有の赤みが強い人はどうしても色は明るくなりにくいです。

    特徴としては髪質が硬い方に多いかと思います。
    このような方はホームカラーをしてもなかなか変化はなく難しいと思います。

    ですからプロ知識によるカラーの調整が必要になるのですがそれプラスTHROW のカラー

    こちらは赤みを取るのに特化しているカラーですので色が入らない人にも実は向いてます。

    ですからホームカラーが難しい人は是非試して欲しいカラーなのです。

    なかなか色が入らないと言う人は美容師さんに相談したり、又はTHROW のカラーは良いので是非お試し下さい。

    • twitter
    • facebook

    いいね!して
    THROWの最新情報をチェックしよう!

    WRITER

    岩田 考司

    HAIRトレンザINTERNATIONAL
    岩田 考司

    • twitter
    • facebook
    • instagram

    店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

    取扱カラーすべてのカラー

    URL