ヘアカラーはなぜダメージする??不安な方にオススメなカラー方法 | THROW JOURNAL
その他
ヘアカラーはなぜダメージする??不安な方にオススメなカラー方法
Nov. 12. 2018 / 64 Views

こんにちは、air KOBEの荻原です。

個人ブログもご覧ください↓↓

荻原峻一 | air-KOBE(エアー神戸)スタイリスト

air-KOBE(エアー神戸)で美容師をしております荻原峻一です。ブログでは、air-KOBE(エアー神戸)での日常や髪の知識、ヘアアレンジの仕方などを分かりやすく載せています!なかなか行きつけの美容院、お気に入りに出会えていない方はぜひ一度お越しください

カラー剤はノーダメージ。。。ではありません。

カラーリングはダメージします。

ダメージ原因

ヘアカラーは色を入れる時、1剤の中のアルカリ剤によって、キューティクルを開き、

髪の毛の中のメラニン色素を脱色します。

この作用によって、髪の毛の中のタンパク質が流れやすくなってしまったり、

キューティクルが開きっぱなしになることで、カラーリングからしばらくすると、髪の毛がゴワゴワしてきます。

これはほとんどのカラーをしたことのある方は経験があると思います。

そんな事を聞くとカラーリングしたくなくなってきますよね。

ですがオススメの方法があります。

徐々に明るくする

このトーンチャート

明るさが暗い所と明るいところの差は、アルカリのパワーに比例します。

割と初めてカラーをする方は、透明感を求めます。

ですが透明感を出すには、10トーン以上は必要になってきます。

6トーンのカラー剤に比べると倍以上のアルカリの配合になってきます。

なので、カラーリング初心者の方は、トーン低めから徐々に上げていきましょう。

髪質によって、カラー後の傷み具合は変わりますので、徐々に様子を見ながら、というのがいいでしょう。

ロートーンでもおしゃれな色が揃ってます。

ダメージを抑えるにはヘアケアも大事

ダメージの殆どが、カラーの際というよりかは、家に帰って数日してから、起きてきます。

シャンプー

アミノ酸系のシャンプーを使うと、洗浄力が優しいので、髪の毛に刺激を与えず、さらにしっとりとさせてくれます。

アウトバス

アウトバストリートメントは、肌の化粧水や、乳液と一緒。

感想から髪の毛を守り、キューティクルを守ってくれますので、是非つけましょう。

ドライヤー

ドライヤーは、根元から毛先に向かって、

キューティクルはウロコです。ウロコが閉じる方向に向かって乾かす事で、ダメージを抑える効果もあります。

カラーのダメージは普段からのケアが大事。

ヘアカラーのダメージは、やはり起こってしまうもの、
美容師さんと相談して、低めの明るさから始めたり、

しっかりとしたケアをして、髪の毛を守っていきましょう!

是非参考までに^_^

THROWカラーで素敵なbeauty lifeを(^^)

【air-KOBE】ご予約はこちらから24時間受け付けております。

web予約 – air-KOBE

No Description


Twitterはこちら。follower6000人突破!followお願いします。

【ウォーキングデッド早く続きみたい】オギワラさん 美容師 (@ogiwara_s) | Twitter

The latest Tweets from 【ウォーキングデッド早く続きみたい】オギワラさん 美容師 (@ogiwara_s). 神戸NO1スタイリスト.三宮.air-KOBE.副店長.美容師.マルチバース.THROWjournalライター .透明感のある外国人風カラー&ショートスタイル名人 insta→ https://t.co/0J7SzpcbDlフォロお願いします☆. 神戸市中央区磯上通8-1-23そごうウィングビル2F


Instagramはこちら。投稿1000件への道。

神戸三宮美容師/OGIWARA/ (@air_ogiwara) * Instagram photos and videos

949 Followers, 745 Following, 331 Posts – See Instagram photos and videos from 神戸三宮美容師/OGIWARA/ (@air_ogiwara)


ライン@でもご予約、カウンセリングお受けしています。
友だち追加

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

荻原峻一

air-KOBE
荻原峻一

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名air-KOBE

取扱カラーすべてのカラー

URL