カラーを余らせる人は読んで欲しい【材料費について】 | THROW JOURNAL
その他
カラーを余らせる人は読んで欲しい【材料費について】
Oct. 02. 2018 / 1242 Views

こんにちは。
浦和でTHROWを活用してお客様オリジナルのカラーを提案してます。高雄です!

&lt

カラー剤。

それは美容院や美容師の柱でもあり、命でもあります。

ハサミ一本あれば世界どこへ行っても…なんて言葉もよく耳にしますが…

世界的に見てもカラー剤があればどこへ行っても…なんて思うのも私だけでしょうか?

それ程カラー剤というのは美容院での核となるものだと思っています。

反面使用すればする程コスト。

いわゆる

【材料費】

がかかりますよね。

カットは材料費がありませんから、気にすることはないのですが、当たり前ですがカラーは材料費がかかります。

そんな中…

カラー剤をたっぷりと残す人。

いるんですよねぇ…

塗り終わった状態で15g程余っていたりするのを目にすると…

「無駄!」

でしかなく、何のメリットもありません。

もしかしたらディーラーさんやメーカーさんは嬉しいかもしれませんが…笑

エコでもないし、コストがかかり、ただの無駄遣いでしかないですよね。

でも何店舗かで働いてきましたが、必ずそういう方はいました。

性格なのかね。

シャワーを浴びる時も出しっ放しにする人もいますしね。

でもね…

自宅ならどうぞご自由にと思います。

水道代やら電気代やら自分で支払うのだから。

でも会社だったり組織となってくると話しは変わってくる。

1人が許されたら、また1人、また1人と増えてくる。

サロンの電気代や家賃、材料費、お給料。

全部会社が払っている。

「働いてるんだから当然でしょ?」

そう思うかもしれません。

僕は今お店を経営する立場だからこそ思いますが

【無駄は省く】

でしかなく、その無駄を省いた先に何が出来るのか?という部分を今回お伝え出来ればと思っています。

仮に1ヶ月5万円分コスト削減できたとします。

年間で60万円分コストが浮きます。

僕はその60万円で新しく商材を導入したり、スタッフの社員旅行や、ボーナスに回してあげたいと常々スタッフには公言している。

浮いた分は会社の利益。

共有すればみんなの利益。

はっきり言ってどちらも同じことだと思う。

働くスタッフが【個】なのかの違いだけ。

俺には関係ない。俺は俺だ。と思うのか…

自分が会社に貢献出来て会社も成長できる。と思うのか…

もちろんオーナーとして、そこは社員さんにどう思って貰えるかが問われる部分。

還元するのか、それが当たり前なのか、それとも…

オーナーさんや幹部の方々。

現場で働くスタッフさんはどう思うでしょうか?

是非ご参考になればと思います^^

ではまたー

高雄

埼玉、浦和の一軒家のプライベートサロン

ナチュラルで上質なカラーデザインをインスタで毎日更新中

ここ最近の好きな一枚 #Maison#THROW#スロウカラー#ヘアスタイル #髪型 #ヘアカラー #カラー #グラデーション #ハイライト #ブリーチ #グラデーションカラー #サロン #サロンモデル #モデル #ヘアカタログ #美容師 #美容院 #美容室 #撮影 #fashion #instafashion #bob #updo #haircolor #longhair #hairstyle #埼玉#ootd

いいね!98件、コメント2件 ― Takao Atushiさん(@maison_takao)のInstagramアカウント: 「ここ最近の好きな一枚 #Maison#THROW#スロウカラー#ヘアスタイル #髪型 #ヘアカラー #カラー #グラデーション #ハイライト #ブリーチ #グラデーションカラー #サロン…」

https://www.instagram.com/p/BV2LPGrFoSw/?hl=ja

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

高雄篤史

Maison
高雄篤史

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名Maison

取扱カラーすべてのカラー

URL