【カーキ・チャコール・ネイビー】なアッシュグレーのレシピ! | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
【カーキ・チャコール・ネイビー】なアッシュグレーのレシピ!
Sep. 15. 2018 / 134 Views

こんにちは、群馬県前橋市の美容室Paisley Park の町田です!

以前、A6を軸にしたアッシュグレーの事例を紹介しました。

今回はそのアッシュグレーの表現を少し変えた
スモークメインのレシピを公開!

スモークを軸にした場合、配合量次第で
ディープな表現も淡い表現も可能です!
逆に言えばそこが注意の必要な部分でもあります。
ケースごとに紹介していきます。

◆ケース1【カーキアッシュグレー】

・ベース

繰り返しナチュラルなグラデーションに染めているので
根元〜中間は暗めのベース、中間〜毛先は褪色してややオレンジ味の出ている状態。

・レシピ
根元〜中間【グリーン:ブルー:スモーク(2:1:1)、ox3%:6%(3:1)】
中間〜毛先【スモーク:ブルー:グリーン:Mt6(2:1:1:1)、ox6%】

カーキを表現するため(オレンジ味を打ち消すため)グリーンをミックス。
特に根元〜中間部分は多めの比率。oxのコントロールもポイントです!
根元〜中間部分は濃度と淡みを(クリアではなく)Mtで調節しています。

◆ケース2【チャコールアッシュグレー】

・ベース

※before画像が無くてすみません。

根元(新生部)2cm、中間9〜10レベル、
毛先はグラデーション気味にブリーチが残っている状態。

・レシピ
根元【スモーク:CA6(1:1)、ox3%】
中間〜毛先【スモーク:Mt6:A6:V6(4:4:2:1)、ox6%】

根元部分はコンフォートもミックスしてディープに。
中間〜毛先はスモークとモノトーンをメインに
アッシュとヴァイオレットをプラスすることで
チャコールを表現しています。

◆ケース3【ネイビーアッシュグレー】

・ベース

※before 画像が無くてすみません。

根元(新生部)1cm、中間〜毛先は褪色はしていますが
周期が短いので(前回のTHROWによるカラーのおかげ)
くすみがまだ残っている状態。

・レシピ
根元【スモーク:ブルー:グリーン(5:5:1)、ox3%】
中間〜毛先【スモーク:ブルー:グリーン(3:3:1)、ox6%】

こちらのお客様は
前回、オレンジ味が出ている状態に褪色していたので
グリーンの配合量を多めにして施術しました。
そのおかげもあって、
今回はそこまでのオレンジに偏っていないので
グリーンの比率を下げ、
スモークとブルーをメインにしたネイビーな表現をしました。
色が抜けきらないうちにTHROWを積み重ねていくことも
透明感やキレイなアッシュグレーにするポイントです!

スモークをメインに使用して
プラスさまざまなミックスで表現した
アッシュグレーの事例でした。

表現の幅を広げるのに、何かのお役に立てば幸いです!

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

町田聖彦

Paisley Park
町田聖彦

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名Paisley Park

取扱カラーすべてのカラー

URL