ブリーチを使ったカラーの考え方はいつを1番良い色にするかが大切 | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
ブリーチを使ったカラーの考え方はいつを1番良い色にするかが大切
Aug. 30. 2018 / 218 Views

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

最近はブリーチを入れたカラーオーダーが増えてます。

それはハイライトだったり全頭だったりしますが例えばこちら


根元に白髪があるのですがそこにハイライトを入れて

そして上から濃厚なデニムアッシュカラーをしてきます。

すると仕上がりはハイライトも一度わからなくなるぐらい濃いカラーになりますが途中での色の抜け方は綺麗なので何日か後に完成します。

またはこちら

全体が明るく褪色したお客様。こちら根元を再びして、毛先はTHROW カラーを被せるのですがこちら色味は変えたいけどあまり暗くしたくないとの事でしたのでアクセントカラーとモノトーンでこんな色にしました。

このようにブリーチが入ったオーダーでも当日に目的の色にするから後になるようにするかで色の作り方が変わります。

ブリーチされてる方はいつを一番良い色にするか美容師さんに相談してカラーを作るのも面白いので是非お試しください。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL