【まとめ】市販とプロ用のブリーチの違い | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
【まとめ】市販とプロ用のブリーチの違い
Aug. 27. 2018 / 457 Views

【まとめ】市販とプロ用のブリーチの違い

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

最近のカラーはWカラーだったりハイトーンで透明感を出すのにブリーチが必須なことが増えてきました。

そのせいか近年ブリーチも色々とパワーアップして来ています。

少し前なら明るくブリーチするのに家でするのと美容室でするのは
ムラなく綺麗に染めれるのが美容室
ムラになってしまうのかセルフブリーチ

このぐらいの差でしたが今は違います。

最近の美容室でのブリーチ事情としてブリーチ剤自体の進化があります。

ブリーチの種類

例えば
今までブリーチは頭皮が痛いという常識でしたが美容室では痛くないブリーチがあったりもします。

これのおかげでブリーチ中の痛みの我慢をしなくてもよくなりました。

他にもどうしても髪の毛にダメージを与えるブリーチですが現在はほぼ傷まない、又は傷みを大幅に抑えたブリーチが出てたりします。
これにより繰り返してブリーチを、してより透明感を出したい、綺麗なアッシュにしたいなども負担なくできるようになりました。




他にも最近では長時間時間を置いても大丈夫なブリーチだったり、
一度のブリーチでも明るくなるのが今までのより力が強いものなど色々とブリーチは進化しています。
美容室でブリーチするのとセルフブリーチするのは今かなり差がありますので是非ブリーチは美容室でしてみてくださいね。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL