暗めアッシュグレーを表現するには、A6+これ!【3選】 | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
暗めアッシュグレーを表現するには、A6+これ!【3選】
Aug. 25. 2018 / 615 Views

前橋市の美容室ペイズリーパークの町田です!

【アッシュグレー】を表現するとき
ボクは
A6
をメインに使用します!

そして、あとは
そこに何をプラスするか?
3つ紹介します。

何かのときに
少しでも参考になれば幸いです!

【ブルー】

もはや説明不要ですね?
登場回数、ポテンシャル
間違いないメンバーです!

アッシュにさらに青みをプラス。
また、ネイビーやダークアッシュを表現するなら
多めの比率で配合したりします!

【スモーク】

こちらも使用頻度の高いメンバー!
ただ、比率に気をつけます。
配合量が多いと青味を弱めることも・・・
グレーの強い表現やダークな表現の場合
多めにミックスすることもありますが
【アッシュグレー】の表現と捉えたときには
だいたい20〜30%くらい。
「やわらかさをプラスするイメージ」
で使用するカンジです!

【M6】

どうしても褪色した状態で
赤味やオレンジ味が出ていることがあります。
なので、マットも使用することが多くなります。
ただし、こちらも比率には注意します!
やはり配合量が増えるとアッシュが薄くなり
表現が変わってしまいます。

ベースの状態によってM8やM10を使う場合もあります。
さらに付け加えると(もはや3選でなくなってしまいますが…)
マットの代わりに
赤味が強ければ【グリーン】
黄味が強ければ【V6〜10】
に置き換える場合もあります!

実際にはこれらを単品ではなく
さまざまに組み合わせて使用することが多いです!

最後にその事例を紹介させてもらうと

【A6+M10】

メインのA6に
やや出ていた赤味を抑える目的でM10をプラス。

【A6+ブルー+M6】

A6に対して他もほぼ同比率でミックスしているので
アッシュグレーというイメージよりは
マット寄りのカーキアッシュっぽい雰囲気になっています!

【A6+ブルー+スモーク+V6】

ディープな表現をするために
ブルーは多め
スモークでやわらかさ
V6で黄味を打ち消しています!

一言に【アッシュグレー】と言っても
その幅はとても広いものです!

お客様一人一人
オリジナルの【アッシュグレー】を
提案していきたいですね!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

町田聖彦

Paisley Park
町田聖彦

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名Paisley Park

取扱カラーすべてのカラー

URL