美容室でよく怒られてるスタッフ。怒ってるスタッフ。 | THROW JOURNAL
コラム
美容室でよく怒られてるスタッフ。怒ってるスタッフ。
Aug. 25. 2018 / 276 Views

なんでいつも自分だけ怒られるのか?

自分の職場によく怒られてる人っています?

もしくは自分が怒られてるとか・・・

個人的に感じたことですが、怒られる人にはある特徴があるようなないような・・・

ちょっと知人に相談を受けたので書いてみました。

よく謝っている&同じ間違いを繰り返す

まず”謝る”という行為。

ミスしたことに対して謝るというのは一見当たり前のように見えますが、

これが悪夢の始まりだと思ってます。

怒る側の言い方や態度も重要なのですが、

基本的に、ミスに対する指摘と言うのはクライアントやエンドユーザーの方にまた同じような失礼を起さない為・会社に不必要な不利益を起こさない為のアドバイスや指摘。

よく怒られてる人は、このアドバイスや指摘を”怒られている”と受け取ってしまう人なんじゃないかと。

”怒られた”

と思うので

”ごめんなさい”(すみません)

と謝罪する。

これが良くない。

謝罪した人の脳内でどんなことが起こるかというと、

”怒られた”ことに”謝罪した”=許された(問題は解決した)

となる。

謝罪された側もこれを、

”自分の言ったことを理解してくれた”

と勘違い。

→結果、問題を理解してないので

”同じミスを繰り返す”

となりまた怒られる。

そして更に・・・

怒られる→謝る→ミスする→怒られる→謝る

が繰り返されるともっと良くないことが起こることがあります。

”怒る側がエスカレートしていく”

単純に何度も同じミスを繰り返したことに腹を立てるだけならまだいいんですが、

人の本能なのか、謝られることによって自分が”偉い”とか”強い”と勘違いしてしまう。

これはいろんな種類のハラスメントにも共通する気がするんですが、

一度、このパワーバランスが形成されてしまうと元々上下関係がある職種ではさらに上の立場の力が強くなりハラスメントに発展することも。

”謝る”ことによって元々持ってる”人より優位に立ちたい”という本能を目覚めさせちゃってるんですかね??

”よく怒る人”を自ら育ててしまってるケースもあるかと。

これから上に立つ立場の人間も自分の指導が、アドバイスや適切な指導になってるのかよく考えていく必要もあります。

僕らの業界はいろんな場面で、後輩を指導するタイミングがあるので気をつけたいですね。

自戒。

あ、あと先輩に指導やアドバイスをもらった時、

”ありがとうございます”

って言ってみてください。

何かが変わりますw

こちらも↓

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

樋口祐次郎

HUBhair
樋口祐次郎

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HUBhair

取扱カラーすべてのカラー

URL