スタッフとの有給休暇取得のやりとり全部みせます。 | THROW JOURNAL
お役立ち
スタッフとの有給休暇取得のやりとり全部みせます。
Jul. 03. 2018 / 1953 Views

有給休暇とってますか?

以前にも有給休暇について書きましたが、みなさんその後どうでしょうか?

美容業界に限らないですが、休むことがどこか悪い事をしてるような心理になる雰囲気ってありますよね⁇

働き方改革もどんどん進んできて、国をあげて生産性というものをあげていこうという中、

長時間労働で休みが少ないという悪しき習慣が抜け切ってない美容業界。

そして、そこにあるのは経営者側(店長なども)の従業員に対する志と、スタッフの本音に大きなギャップがあるのかな?と。

スタッフの本音は、

「早く帰りたいし、休みももっと欲しい」

しかし、経営者や店長は、

「もっと指名客をつけろ、その数字で休んでる場合じゃない」

です。(たぶんw)

美容室経営者の多くは、現役美容師や元美容師。

店長クラスになると、指名客が沢山いて、比例して売り上げも高い。

血を吐くほど頑張って来た人が多いんです。

そうすると、上司は自分みたいに頑張れば(休みも取らず、夜中まで働けば)指名客も沢山つくし、給料もあがるんだぞ!

みたいな思考でスタッフに求めます。

しかしそれが大きな間違いで、スタッフの8割は

ただ普通に働きたい。

です。

残りの2割は、

大丈夫です。

勝手にやります。

自分達と同じように時間や休みの事は関係なく、向上心と好奇心だけで損得勘定なんかせずに勝手にやってくれます。

経営者側や管理職がフューチャーしなきゃいけないのは、

ただ普通に働きたいスタッフにどれだけ優しくなれるか?

だと思います。

これは

甘やかす。

という事ではなく経営者として、ちゃんと法律を守る。

ただそれだけ。

細かい法律の事なんかは社労士に相談するといいと思います。

助成金なんかもうまく利用してその分の余裕をスタッフに還元してあげてみてください。

ただ、僕らはプロであり結果に対して報酬。

という部分は尊重されるべきなので、単に給与を増やすという還元ではなく、

早く帰してあげる。

休みを増やしてあげる。

という事ならすぐ始められるのかな?と思います。

最後にうちの有給休暇取得の際のスタッフとのやりとりを。

ただこれだけ。

現場からは以上です。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

樋口祐次郎

HUBhair
樋口祐次郎

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HUBhair

取扱カラーすべてのカラー

URL