【眠り方によって変わる?!】抜け毛やカラーの色持ちや髪の毛のダメージ。 | THROW JOURNAL
PICK UP
【眠り方によって変わる?!】抜け毛やカラーの色持ちや髪の毛のダメージ。
Apr. 18. 2016 / 96 Views

【眠り方によって変わる?!】抜け毛やカラーの色持ちや髪の毛のダメージ。

こんにちは。トレンザのイワタです。
今回はこんなお話を。

気づいたらカラーの色持ちが一部分だけ抜けやすかったり抜け毛が多い等はないですか?


それはもしかしたら眠り方のせいかもしれません

眠るときの姿勢はあまり意識している人は少ないと思います。
横向きだったり、うつぶせだったり仰向けだったり

様々だと思います。
この眠る時の姿勢によって髪の毛のダメージは変わっていきます。

横向きで眠る人は?

横向きで眠る時にどちらかを下にして眠ると片側の肩に体重が常に乗るようになり、肩こりが先ず起きやすくなります。

またずっと同じ方向を向いて寝ていると
同じ箇所の頭部の圧迫による「圧迫性脱毛症」にもなりやすいです。

寝返りを適度に打つのであれば、問題はないのですが、ずっと同じ姿勢で寝ていると血行が悪くなり抜け毛の原因やカラーの褪色の原因にもなります。

うつ伏せで眠る人は?

うつ伏せで眠る人は首は大抵の方がどちらかに向けているかと思います。

それだと首の筋肉に影響を与え片側のみバランスが崩れ肩こりの原因にもなりやすいです。


また、このように片側だけ負荷を与えた姿勢は筋肉を緊張させます。

するとそれにより血行が悪くなり頭皮が硬くなり抜け毛の原因にもなりかねません。

仰向けで眠る人は?

身体のどちらかだけに体重がかかるのではなく、左右に均等に体重がかかる仰向け寝が一番身体にも頭皮にも良いです。

ただやはりずっと同じ姿勢では同じく圧迫するので時には寝返りが出来るような低めの枕を選ぶと良いと思います。
眠る時に選ぶ枕などでも髪の毛のダメージや、色持ちは変わります。
例えばシルクの枕カバーなどば髪の毛のダメージを減らしてくれて色持ちも良くなります。

眠る時はシルクの枕カバーで仰向けに寝て少し寝返りを打てる状態が一番髪の毛に負担はないようですね。

正しい姿勢で睡眠をとり、カラーの褪色や肩こりや抜け毛に気をつけてくださいね。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL