市販のカラー剤で美容室のカラーに近づける事可能なの? | THROW JOURNAL
その他
市販のカラー剤で美容室のカラーに近づける事可能なの?
Apr. 30. 2018 / 190 Views

市販のカラー剤で美容室のカラーに近づける事可能なの?

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

たまにお客様から市販のカラー剤と美容室のカラー剤って何が違うの?
お家で美容室のカラーに近づける方法はある?
と聞かれます。

答えとしてはほぼ不可能かと思います。

美容室と市販のカラー剤の違い

まぁ何が違うと言われると一番は
【プロの美容師が貴方の髪質を見て薬を使い分けてカラーをしてくれる】

ここかなと思います。
髪の毛はカラーする時は

根元の明るさ、
中間の明るさ
そして毛先の明るさが違います。
それを計算して僕らは薬を調合しています。

これ1剤と言われる薬を変えるのもありますが
2剤と言われる薬も変えたりします。THROW なら
6%と3%です。

これを組み合わせて4.5%を作ったり色々とするのですが
この2剤の濃度によっても色の入り方は変わります。

ここは市販の薬では絶対にできないことです。

市販のは1本で全体を染めるようにしているので色むらが出来たり、または毛先のダメージが凄くなります。
もし、市販ので美容室のクオリティに近づけようと例え何種類かのカラー剤を購入しても2剤が選べないのでやはり同じにはなりません。

これから夏に向けてハイトーンをされる方も多いかと思いますがよりダメージが気になる季節にもなりますのでセルフカラーよりちゃんとプロの知識、プロのカラー剤に任せる方が後悔も少ないと思いますのでお試しくださいね。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL