【スロウの実力再認識】真逆の赤を一発でキレイなグレージュに! | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
【スロウの実力再認識】真逆の赤を一発でキレイなグレージュに!
Apr. 27. 2018 / 1106 Views
群馬県前橋市の美容室、Paisley Park の町田聖彦です!

登場してから2年、美容師はもちろんお客様たちにも
今や【THROW】はかなり認知され、そして人気のブランドとなっています!
キャッチコピー
【こだわりのアッシュを、1本で!】
ご承知の通り、アッシュやグレージュ等をキレイに染めてくれるカラー剤です。
そんなグレージュを、真逆の色となる
【赤】から一発で表現してくれたケースをご紹介!

■真逆の色とは?
それぞれの色には1つを取ったときに、
それに対して近い色や遠い色というものが存在します。
それは色相環というもので表されますが、
美術の授業などで1度は目にしたことがあるという人も多いと思います。


こういうものですね。(“THROW COLOR MANUAL より”)

ボクたち美容師は、この特性を意識して
染める前の色・仕上がりの色を見極めカラー剤を調合していきます。
真逆の色というのは、染める前の色が
表現したい色からもっとも遠い状態です。
その場合、反対側の色で染めても染める前の色と相殺され、
結果ブラウンに仕上がるなどが起きてしまいます。
(スロウを扱うまでは、実際ボクもこれに悩まされたことがあります。)
なので、従来は一度【赤味】を抜く作業をして
色を(赤からオレンジ・黄色などに)寄せていき、
その後にアッシュに仕上げるという工程を踏むことが多かったです。

しかし今回、スロウは一発でそれを可能としてくれ
改めてその実力を再認識しました。

まずはbefore、ベースの状態ですが

グラデーションで毛先にレッド系の色味がかなり残っています。
ただ、ブリーチを何度もされているので透明感はありますね。

ここから、モノトーン・アッシュ・ブルー・スモークを使い
(トーンダウン目的で少量のナチュラルもミックス)仕上がったのが

非常にキレイなグレージュへの、カラーチェンジが成功しました。


(“THROW COLOR MANUAL より”)
徹底的に赤味を排除したカラー剤のスロウだからこそ成せることかと思います。

改めて、スロウでのヘアカラーを強くオススメします!
もちろん、ベースの色の残り具合や髪の状態などにもよるので、
担当の美容師さんとしっかり相談してくださいね!

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

町田聖彦

Paisley Park
町田聖彦

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名Paisley Park

取扱カラーすべてのカラー

URL