パーマ剤によってカラーってどのくらい色落ちするの? | THROW JOURNAL
カラーケア
パーマ剤によってカラーってどのくらい色落ちするの?
Apr. 15. 2018 / 365 Views

静岡県の掛川市の『家族で通える美容室』クラウンズヘアのクワノです。

もう何度も聞いたことがあることだろうと思いますが、

パーマをするとヘアカラーが退色してしまいます

という問題なのですが、よく聞くとはおもいますが実際どうなんでしょうか?

簡単に検証してみました。

まず

白毛束を

染めました。

使った薬剤はA-8アッシュです。

すると

綺麗に染まりました。流石THROW。検証と言えどあとあとこれを脱色させると思うと勿体無いですね。

これが出来た毛束です。

それをパーマ剤に漬けました。

8分後…。

驚きの白さに!!

嘘でしょ!?ってなってそこから水洗してパーマの2剤処理をしました。

すると…。

あれ?さっきのはなんだったの?って思うくらいもどっています。

でも若干最初の頃より色落ちしています。いろもなんだか濁っていますね。

これは、先程はパーマ液の影響で色素が一度分解されて2剤処理でまた戻ったと考えられます。

ですが完全に戻り切らずに色が抜けてしまいました。

勿論パーマ剤のアルカリによって色も抜けるので『褪色』『変色』が起こっていると考えられます。

比べるとこんな感じ。

全然変わってしまっていますね。

今回はパーマ剤で実験しましたが、ストレート剤でも同じことが起こると考えられます。

ということは、カラーとパーマをやっている方は色味を重視する場合パーマの先にカラーリングをすると美しいカラーが保てないと言えます。

逆にしかりでもあって、パーマ後にカラーリングをやると若干ですがパーマにも影響があります。

ですので、重要視したいほうを美容師さんに伝えるのが大事ということです。

素敵なカラーライフを!

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

桑野 友春

クラウンズヘア
桑野 友春

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名クラウンズヘア

取扱カラーすべてのカラー

URL