【カラーにも影響大!】ドライヤーの使い方間違ってませんか?効果的なドライヤーの使い方 | THROW JOURNAL
PICK UP
【カラーにも影響大!】ドライヤーの使い方間違ってませんか?効果的なドライヤーの使い方
Apr. 16. 2016 / 826 Views

【カラーにも影響大!】ドライヤーの使い方間違ってませんか?効果的なドライヤーの使い方

皆さん毎日ドライヤーは使ってますか?

意外とちゃんとしたドライヤーの使い方を知らない人が多く間違った使い方している人もいてます。

カラーにも影響を与えるので、一度ドライヤーの使い方をキチンと覚えておきましょう。

ドライヤーの使い方

洗いながさないトリートメントをつけてから乾かす


ドライヤーの熱を長時間髪にあてると、髪にダメージを与えてしまいます。

乾かす前に洗いながさないトリートメントなどをつけてあげると熱防止にもなり、ドライヤーの熱から守ってくれるます。

髪の毛は根元から乾かす


髪の毛は毛先から乾かすと乾燥しやすくなります。
ですから髪の毛を乾かす時は根元から。
そして表面の髪の毛より内側の髪の毛から乾かしてあげてください。

例えば襟足の髪の毛などから。

表面から乾かすと最終的に全体を乾かした時には表面の髪の毛が乾燥しすぎている事が多いので内側から乾かすのがオススメです。

ドライヤーは20センチはあけて使う

ドライヤーを使う時は髪から20cmほど離してください。
近いと熱がキューティクルを傷めてしまい、髪にダメージが残ります。

ドライヤーで乾かす前にタオルでしっかり乾かしてあげると20センチ離して使っても直ぐに髪の毛は乾いてくれます。

ドライヤー前のタオルドライはかなり大事ですよ。

冷風を使う

髪がほぼ乾いたらドライヤーの冷風を使いましょう。
冷風を使うとキューティクルが引き締まり、艶とコシが出やすくなります。

乾いたら最後にクシを使う

髪の毛が乾いたら最後にクシでブラッシングをしてみてください。

ブラッシングをする事によりキューティクルがより整い艶を与えてくれます
また、頭皮から髪先までブラッシングすると、頭皮の血行を改善します。

フケや抜け毛予防にもなりますのでお試しください。

毎日の何気ない使い方で髪の毛は綺麗になります。

綺麗な髪の毛やカラーの色を保つには何気ない毎日のドライヤーの使い方を意識してもらうだけでも変わりますので是非お試しくださいね

COMFORT NATURAL

COMFORT COLOR

CN/コンフォートナチュラル

赤みを抑えたナチュラルブラウン

詳しく見る >
  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL