『次回の来店がしばらく先になってしまいそう。』って時の染め方! | THROW JOURNAL
カラーケア
『次回の来店がしばらく先になってしまいそう。』って時の染め方!
Jan. 11. 2018 / 326 Views
群馬県前橋市の美容室、Paisley Park の町田聖彦です!

美容師としての立場からすると
ヘアカラーはなるべく頻繁にしていただきたいというのが正直な気持ちです。
理想を言っちゃうと1ヶ月以内に繰り返していただくのが良いと思っています。
「そんなに頻繁に染めたら傷むのでは?」という方もいると思います。
もちろんケースにもよります。
毎回
『今の状態より明るく』
としていくならばちょっと負担が大きいですが

『伸びた根元だけ染めたい』
『前回染めた部分の色が抜けてしまったので、また同じにしたい』
『前回よりも暗く(濃く)したい』

というのであれば
やはり月1くらいでカラーしていただくとキレイが維持されると思います。

けれど、さまざまな事情で頻繁には来れない事があるでしょう。
そんなときは

1、求める仕上がりよりあえてやや暗め・濃いめに染めておく

のがオススメ!

【1の理由】
暗め・濃いめの方が色素が多い分、当然持ちがよくなります。
なるべく、色が抜けてしまうのを遅くする為にはやや濃いめがベター。
特に、かなり明るめから色を入れる場合や一度ブリーチしてからのカラーの場合は
抜けが早いので最初はちょっと暗いくらいの仕上がりがオススメです。
暗め・濃いめでもTHROWを使って青みやグレーみを強くすることで抜けていく過程もキレイに楽しめます!

【2の理由】
根元を暗めに仕上げる(根元の根元までは、あえて染めない)というやり方。
特にブリーチなど明るめのカラーの時など、根元までしっかり染めておくと
伸びたときに境目がハッキリとして目立ってしまいます。
なので最初から
・根元から毛先へと明るくなるようなグラデーション。
・毛先の方だけ明るくするセクションカラー。
などのデザインにしておくと、月日が経過してもあまり気にならないかと思います。

いつもの周期と違ってしまうことが分かっているときや
何かの都合があるときなど
そのあたりも、担当の美容師さんに相談してみてはいかがでしょうか?

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

町田聖彦

Paisley Park
町田聖彦

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名Paisley Park

取扱カラーすべてのカラー

URL