マニキュアの特性とデメリット | THROW JOURNAL
その他
マニキュアの特性とデメリット
Jan. 10. 2018 / 343 Views

マニキュアの特性とデメリット

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

たまにマニキュアってどのくらい持ちますか?と質問されます。
基本カラーと比べると色持ちは良くないです。


でもその分髪の毛のダメージは少ないんです。

これは何故でしょう?

マニキュアの特徴

マニキュアはカラーみたいに髪の毛の内部に入れているのではなく髪の表面をコーティングする形の着色になります。

ですからダメージは、少ない分毎日シャンプーをすると取れやすかったりするのです。

ではすぐに取れるから色も変えやすいのかと言うとそれとはまた違います。

マニキュアの上からカラーはなかなか入らない

例えばマニキュアをして次にカラーをしようとするとマニキュアで表面をコーティングされたのが残っていてカラーは内部まで入らなくなり色が入らない場合が多くなります。
この場合は一度ブリーチした方が色が入ったりします。

つまり傷ませないと思ってたマニキュアによって傷むブリーチをしないといけない場合もあります。
ずっとマニキュアをしていくのならダメージは無く良いのですが今後普通のカラーもするかもと言う方はダメージという話では傷む可能性もあるのでそこは気をつけてくださいね。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL