カラーをすると髪が傷む?傷まない? | THROW JOURNAL
noimage
お役立ち
カラーをすると髪が傷む?傷まない?
Jan. 04. 2018 / 87 Views

こんにちは、air KOBEの荻原です。

個人ブログもご覧ください↓↓

荻原峻一 | air-KOBE(エアー神戸)スタイリスト

air-KOBE(エアー神戸)で美容師をしております荻原峻一です。ブログでは、air-KOBE(エアー神戸)での日常や髪の知識、ヘアアレンジの仕方などを分かりやすく載せています!なかなか行きつけの美容院、お気に入りに出会えていない方はぜひ一度お越しください

カラーをすると髪が傷むという事を聞いた事があるかもしれません。

これは

事実です。

カラーをする際、メラニン色素を脱色したり、染料を髪の毛の中に入れるためには、まずキューティクルを開く必要があります。

キューティクルの大きさは、普通毛で約0.08mm
1mmの100分の8と、非常に小さいです。

物理的に剥がすことは不可能ですね。

そこで登場するのがアルカリな訳ですが、

アルカリはキューティクルを開いたり、髪の毛の中で過酸化水素と結合して、メラニン色素を脱色したりする力があります。

このキューティクルを開く事がダメージに繋がってくるのですが。

もしカラーをしていない場合でも、髪の毛が伸びるにつれて、普段の生活をする中で、毛先の方の髪の毛はキューティクルは開いて来ます。

カラーをするにしてもしないにしても、キューティクルは開いてくるという事です。

ケア方法は?

キューティクルのケアというと、シャンプー、トリートメントは必須です。

キューティクルが傷つかないように、洗浄成分の優しい、例えばアミノ酸系のシャンプーを使用したり、

キューティクルを貼り付けてくれるCMCと言われるタンパク質が入ったものを使用したりする事で、悪化を防ぎます。

髪の毛を美しく、楽しむために、しっかりとケアをしていきましょう!!

では

THROWカラーで素敵なbeauty lifeを☆

  • twitter
  • facebook
noimage

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

荻原峻一

air-KOBE
荻原峻一

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名air-KOBE

取扱カラーすべてのカラー

URL