スタイリング剤とは? | THROW JOURNAL
noimage
お役立ち
スタイリング剤とは?
Jan. 01. 2018 / 50 Views

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

個人メディアもやっているので是非のぞいてくださいね。

TRHOW/スロウカラーもかなり使い込んでいます。

スタイリング剤とは?

1960年代。ボブにはクリームやオイル、セットスタイルにはヘアスプレーが使われていました。

そして70年代にはブロー、さらに後半からはフォームタイプなどが生まれ、90年代にはワックスで毛先に動きをつけるスタイリング剤が生まれました。

スタイリング剤とはヘアスタイルをつくりやすくして、さらにそのスタイルを保持しやすくする「剤」のことをスタイリング剤と言います。

そして、スタイリング剤はスタイリング中に使用してヘアスタイルをつくる「プロセス剤」と主に出来上がったスタイルを保持する「フィニッシュ剤」に分けることが出来ます。

・プロセス剤・・・フォームワックス、ワックス、クリームなど

・フィニッシュ剤・・・ヘアスプレー、ワックス、ムースなど

しかし、最近ではプロセス・フィニッシュをまとめてできるようにスタイリング剤も高品質なものも増えてきています。

スタイリングのメカニズム

1スタイリング水もしくは剤にて水分を含んだ髪は、その水分によって髪の内部の「水素結合」が切れて柔らかくなり、その状態でなりたいスタイルのクセをつける わけです。

そして水分が乾くことによって、つけたクセの通りのスタイルで再び髪の内部で水素結合をします。

樹脂皮膜のタイプ、つまりヘアスプレーのセットタイプやヘアフォーム、ローションなどはあくまでも皮膜で髪を固定しますので、一度その皮膜が離れるつまり髪が乱れると再整髪性がありません。

それに対して粘着性のタイプ、例えばワックス、クリーム、ミルクなどは、油脂やポリマーを用いたもので粘着性のある油脂ですので一度離れても、再整髪性があります。

ご参考下さい。

ご案内

・キシカズキって誰? | きしろぐ
・美容師がオススメするドライヤーの「復元ドライヤー/エレクトロンドライヤー」のメリットデメリットと使用感を徹底解説【4モデル比較検証写真付き】 | きしろぐ

美容師でデッサンが趣味です

・初心者でも描けるようになる「8ヶ月デッサン講座」 | きしろぐ

美容師のこだわり記事

・【2017年更新】スロウ/TRHOW ヘアカラーカタログ |きしろぐ
・【2017年最新版】ブリーチ・カラーカタログ完全版 | きしろぐ

  • twitter
  • facebook
noimage

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岸和希

B'WAVE/ビーウェーブ
岸和希

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名B'WAVE/ビーウェーブ

取扱カラーすべてのカラー

URL