カラー剤にオイルを混ぜるとどうなるの?? | THROW JOURNAL
noimage
お役立ち
カラー剤にオイルを混ぜるとどうなるの??
Dec. 06. 2017 / 427 Views

こんにちは、air -KOBEの荻原です。

個人ブログもご覧ください↓↓

荻原峻一 | air-KOBE(エアー神戸)スタイリスト

air-KOBE(エアー神戸)で美容師をしております荻原峻一です。ブログでは、air-KOBE(エアー神戸)での日常や髪の知識、ヘアアレンジの仕方などを分かりやすく載せています!なかなか行きつけの美容院、お気に入りに出会えていない方はぜひ一度お越しください

カラー剤にヘアオイルを混ぜるって聞いたことありませんか?

カラー剤にオイルを混ぜると指通りが良くなる。より、保湿される。

という印象でしょうか。

では実際どうなのか?

そもそも最近のカラー剤にはオイルなどが入っています。

ただ、あまり多く入れすぎると、カラー剤の発色などに影響が出てくる為、成分的に多く入れることができない。

そこで、カラー剤に追加してヘアオイルを入れるわけですが、

そもそもヘアオイルは、粒子が大きので、髪の毛の中に浸透しません。

さらにカラーの後はシャンプーするので、ほとんど流れてしまいます。。。

メリット

メリットとしては、カラーがめちゃめちゃ塗りやすくなる。

そして、塗りやすくなるということは、摩擦が減る。キューティクルと髪の毛に影響が出ないのです。

基本的にカラーをするときには髪の毛が芳潤している状態なので、

コーミングでビヨーンと髪の毛が伸びるのもよくありません。

まとめ

良いことはありますが、保湿するということはないので、間違えないようにしましょう。

保湿する場合は、オイルではない保湿成分を入れると手触りが良くなるでしょう!!

髪の毛のことを考えてカラーをするともっともっと楽しくなります!

では☆

  • twitter
  • facebook
noimage

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

荻原峻一

air-KOBE
荻原峻一

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名air-KOBE

取扱カラーすべてのカラー

URL