カラー塗る時に濡れた髪と、乾いた髪、どっちがいいの?? | THROW JOURNAL
noimage
カラーアドバイス
カラー塗る時に濡れた髪と、乾いた髪、どっちがいいの??
Nov. 29. 2017 / 2606 Views

こんにちは、airKOBEの荻原です。

個人ブログもご覧ください↓↓

荻原峻一 | air-KOBE(エアー神戸)スタイリスト

air-KOBE(エアー神戸)で美容師をしております荻原峻一です。ブログでは、air-KOBE(エアー神戸)での日常や髪の知識、ヘアアレンジの仕方などを分かりやすく載せています!なかなか行きつけの美容院、お気に入りに出会えていない方はぜひ一度お越しください

カラーをするとき、濡らしてからする場合や、しない場合があります。

これって染まり具合に差が出るのでしょうか?

メリットデメリットを説明します。

乾いてる時に塗るメリット

色味が発色しやすい。

ムラを見つけやすい。

デメリット

カラー剤を多く使う。

絡まりやすい。

ウェットカラーのメリット

塗りやすい。早い。

カラー剤が少なくて済む。

浸透しやすい。ムラになりにくい。

デメリット

カラー剤の明るさを調節しなくてはならない。

濡らす手間がかかる。

どちらにもメリットデメリットがありますが、、、

そんなに仕上がりに変わりはありません。

ただ、髪質や状態、カラー剤によって使い分けることが多いのです。

美容師さんはプロですから、

「いつも乾いてる時にカラーするのに、今日は濡れてるけど大丈夫?」

なんて思わなくても大丈夫です!

おまかせください☆

では。

  • twitter
  • facebook
noimage

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

荻原峻一

air-KOBE
荻原峻一

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名air-KOBE

取扱カラーすべてのカラー

URL