意外と間違っている!?ドライヤーの正しい使い方 | THROW JOURNAL
PICK UP
意外と間違っている!?ドライヤーの正しい使い方
Nov. 02. 2017 / 274 Views

意外と間違っている!?ドライヤーの正しい使い方

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

先日お客様と話していたのですが、ドライヤーの使い方が人それぞれだと気づきました。

意外と間違っている人多いので、間違いやすいポイントを挙げていきます。

ドライヤーの正しい使い方

しっかりタオルで髪の毛を拭いた後に使う

まずはこれです。

お風呂上がりに、どうせ乾かすからといって水分をあまり取らないでドライヤーを使うとドライヤーの時間が長くなり髪の毛に良くありません。

ですから、なるべくバスタオル等でしっかり水分を取ってからドライヤーは使いましょう。

ドライヤー前に髪の毛をしっかりとく。

乾かす前に何度もブラッシングするのもよくはありません。
髪の毛は、水分が入ると弱くなるのでブラッシングのしすぎはダメージにつながりますので、乾かした後にブラッシングをしてください。

ドライヤーは近すぎはダメ

そして、乾かす時ですがドライヤーが近いと頭皮や髪の毛が乾燥しすぎてしまうので、できるだけドライヤーとの間は空けて乾かしてください。

15センチはあけてください。

乾かすのは根元から

そして、髪の毛を乾かすのは毛先からではなく根元からです。
それが一番乾くのも早いですし、毛先からすると毛先は乾燥しすぎてしまいます。

また、前髪などは先に乾かさないと分け目ができたり、思うようにいかないことが多いので、先に前髪から乾かしてください。

最後に冷風を当てる

そして、乾いたら最後に冷風を当ててあげると、髪の毛に艶が出やすいので冷風を当ててください。

これだけで髪の毛の状態が変わりますのでお試しください。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL