色味のバリエーション! | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
色味のバリエーション!
Nov. 04. 2017 / 230 Views

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

個人メディアもやっているので是非のぞいてくださいね。

TRHOW/スロウカラーもかなり使い込んでいます。

色のバリエーション① ナチュラル系

中間的な色でもあるナチュラル系には、ブラウンやベージュがあります。これらはどんな色にも似合わせることができるという特長があります。

ブラウン系

ブラウン系には、赤みが少し含むことから、暖かみのあるウォーム系のブラウンがあります。スタンダードな色で困った時は、ブラウンにすることが多いです。シンプルに単色で使うこともあれば、様々な色と組み合わせて使用できるブラウンは、とても優秀な色です。

ベージュ系

ベージュは赤みが少なく、ブラウンに比べてやや寒色系よりのブラウンのポジションにあります。そのためにアッシュやマットと組み合わて使うこともあればシンプルにベージュに処方したり、ブラウンと同じく様々な使い方もあるためにとても優秀な色です。

色のバリエーション② 寒色系

赤みがなく、青であるアッシュや緑のマットという最近の流行でもある色が寒色系の色になります。

アッシュ系

最近ではよくオーダーにもあるアッシュですが、基本的に赤みはなく、橙の反対にある青みの色になります。外国人風カラーやグレーアッシュなどもこのアッシュをベースに色をつくることが多いため、最近の1番の人気色といってもいいほどの色です。

マット系

こちらは青であるアッシュよりもさらに赤みを削る力が強いのが特徴であるマットです。日本人には特有の赤みというメラニンがあり、これを削る有力な色がマットなので、とても人気な色です。

色のバリエーション③ 暖色系

次に赤みがある色が暖色系になります。

レッド系

寒色系の反対のバリエーションでは、暖色系と言われその中でも代表となるのがレッドです。シンプルに、赤ですね。レッドはツヤを反射させる効果があり、ボブやストレートスタイルなどと相性が良い色とされています。

ピンク系

ピンク系はレッドをよりやわらかく表現したい時にピッタリです。レッドに比べて色味がハッキリしないために、ふわっとしたスタイルや、万人受けする色として人気です。

バイオレット系

バイオレットは濃い色でツヤ感もあり、深みのある色がとても人気です。それだけでなく、黄色の補色として、アッシュやレッドなどオールジャンルの補色として処方されるために、万能色として使用できるのがバイオレットです。

色は様々な組み合わせ

色は、実に様々なものがあります。今回紹介したもの以外にもたくさんありますが、実はほとんどが今回の紹介した色の組み合わせた色になります。

ご案内

・キシカズキって誰? | きしろぐ

美容師でデッサンが趣味です

・初心者でも描けるようになる「8ヶ月デッサン講座」 | きしろぐ

美容師のこだわり記事

・【2017年更新】スロウ/TRHOW ヘアカラーカタログ |きしろぐ
・【2017年最新版】ブリーチ・カラーカタログ完全版 | きしろぐ

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岸和希

B'WAVE
岸和希

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名B'WAVE

取扱カラーすべてのカラー

URL