暗くしたはずだけど思ったよりも明るく見えない?ヘアカラーで注意した方が良いポイント。 | THROW JOURNAL
PICK UP
暗くしたはずだけど思ったよりも明るく見えない?ヘアカラーで注意した方が良いポイント。
Apr. 14. 2016 / 1413 Views

THROW journalをご覧の皆様、初めまして
大阪 南田辺の美容室 Lis 湯場 孝です。

今よりもっと素敵なヘアカラーライフを送って頂きたくライターとして記事を書かせていただける事になりました。宜しくお願い致します。

カウンセリング前に注意しておくポイント!

太陽光、蛍光ランプ、白熱灯ランプ、LEDランプ、電球色(オレンジ)、昼白色(ナチュラル)、昼光色(クール)など
色んな場合で様々な光が使われてます。

最近、主流になっている透け感のあるカラー。だけど絶対に明るく見えてはいけない場合もあるかと思います

暗くしたけど外にでると明るく見えてしまうのは、髪が透けるようにカラーを調合しているからです。

室内だと暗めに感じても。

外だとこんな感じに明るく見えます

ですから皆さん!

外に出た時に明るく見えたくない場合は
担当の美容師さんに相談してください。

そうすれば必ず配慮しますので
遠慮なく伝えて下さいね^_^

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

湯場 孝

西梅田 カンド
湯場 孝

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名西梅田 カンド

取扱カラーすべてのカラー

URL