【速報】スロウの新色レビュー!! | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
【速報】スロウの新色レビュー!!
Sep. 22. 2017 / 6076 Views

仙台のキラーナという美容室で美容師をしております。スズキユタカです。

スロウの新色、「WHITE」と「SMOKE」。
公式ライター向けにひと足早くサンプルを頂けましたので、世界最速レビュー(?)ということで毛束での軽い検証結果をお届けします。
主に美容師さん向けに書きましたので専門用語など織り交ぜますがご了承ください。

使用毛束

ベースとしたのは以下の毛束です。
白、15レベル、10レベルの毛束を使用します。

SMOKE

まずはスモーク単品のティント。
めっっちゃ濃いグレーです。しかもブルーグレー。ペールイエローくらいまで抜いてあれば問題なくグレーにできる感じです。

ただ、レベルは落ちるのでそのへんのコントロールは考えつつ使用する感じですね。

ブルー:スモーク=3:1

次にブルーとミックスしたもの。

完全に濃くなっています。
しかし、濃度の割に透けた時の色味は保っていますのでダークトーンをオシャレに入れたい方にはもってこいですね。

WHITE

ホワイトはカプラーのみで出来ています。
カプラーは染料中間体と反応しなければ発色しませんので単体でのティントは無いですね。

ブルー:ホワイト=3:1

スモークと同じく、ブルー:ホワイトを3:1でミックスしたものを各毛束に。
15レベルの毛束はキレイなグレーになってます。
白毛束はブルー単品のものと比較するとパッと見ではあまり差が見られないのでスーパーハイトーンの場合はさらに比率のコントロールが必要そうです。

ちなみにBLUEをベースにホワイトとスモークをそれぞれ3:1の割合でミックスしたものの比較。

左からブルー単品、ブルー:スモーク=3:1、ブルー:ホワイト=3:1。
ブルーとホワイトミックスの差が写真だと分かりにくいですが若干グレーがかったようなかんじですね。

ホワイトとクリアは違うのか?

ここでひとつ疑問に思ったのが、クリアとホワイトはどこまで違うのか。
そこで、ブルー:ホワイト、ブルー:クリアをそれぞれ3:1で染めて比較しました。

正直、このベースかつこのミックス比率だとやはり初見での差はあまりありません。
ただし、光に透けた時の差で言うとホワイトミックスの方が若干グレーのようなバイオレットのような感じがうっすらあります。

ホワイトミックスは薄いグレーでペール感を出していて、クリアは単純に濃さを薄くしているといった印象でした。

スモークのミックスはティント3に対して1以下をベースに考えた方が良さそうです。
ホワイトはアンダーによって色々な比率での使い分けができそうです。

これはカラーの幅が広がります!
秋冬はこういった質感コントロールカラーが面白そうですね!

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

スズキユタカ

KiRANA SENDAI
スズキユタカ

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名KiRANA SENDAI

取扱カラーすべてのカラー

URL