美容師は、この提案はしない⁉︎ だからこそ、そこにTHROWのこだわりを見た | THROW JOURNAL
noimage
PICK UP
美容師は、この提案はしない⁉︎ だからこそ、そこにTHROWのこだわりを見た
Apr. 13. 2016 / 1298 Views

はじめまして。

スロウジャーナルでライターをさせて頂いている大阪で美容師をしている内川です。

THROW journalをたくさんご覧いただきありがとうございます。

私自身も美容師として皆様のお役に立てる情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願いします。

まず、ラインナップ


白髪ともうまく向き合えるコンフォートライン

そして、こんなアイテムがあったのをご存知だろうか。


ヘアカラーコンシーラというアイテムにより、カラーへのこだわりが感じられる

カラーの発色とは繊細なもの。

カラーの発色を特に大切にしているこのTHROW

COMFORT ASH

COMFORT COLOR

CA/コンフォートアッシュ

クリア感のあるアッシュブラウン

詳しく見る >

世代関係なくは綺麗なカラーを楽しんでいただきたい。

白髪が生えてきても、カラーを
ファッションを楽しんでいただきたい。

しかしながら気になってくる白髪

もちろん、美容室では綺麗になるだろう。

人によっては、カラー後2〜3週間でまた白髪が気になって
しまう。

そんな時どうされていましたか?

お店で染めていただきたい。と、思うわけですが、
そうもなかなか都合で行けない。

お家でカラーをされたこともあったのではないでしょうか。

家では染めないで、というご提案

THROWというカラーは、発色にこだわりのあるカラー

家でのカラーで、濁りが生まれたり、違う色になったりしてしまうわけです。

カラーの透明感を簡単な表現でお伝えしましょう。

透明感を想像してみてください。

紅茶をTHROWのカラー
bsNAT83_caketoaisut

自宅でのカラーをコーヒーとしましょう。
-shared-img-thumb-PP_coffetime_TP_V

紅茶にコーヒー入れてしまったとしましょう。

透明感は、どうなりますか?

コーヒーの色を紅茶にまたできますか?

水で薄めることをブリーチと考えてみてください。

水で薄めてもその色にならないんです。

そうなんです。できないんです。

これはあくまで私なりの見解です

それだけ、1度のホームカラーで起こるカラーの色味への弊害が生まれてしまうのです

賛否あると思いますが、どうしても気になるというお客様とカラーを楽しんでいただきたい美容師のことも考えて、
生まれたヘアカラーコンシーラー

そしてそれは、まさにそこまでのことまで考えて
カラーの発色にこだわったTHROWであるということに間違いはないと言えるだろう。

そして、何よりお客様目線でもある。

  • twitter
  • facebook
noimage

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

内川 淳之

haircreate Piar
内川 淳之

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名haircreate Piar

取扱カラーすべてのカラー

URL