ヘアケアに向けて「洗い流さないトリートメント」を知ろう! | THROW JOURNAL
noimage
カラーケア
ヘアケアに向けて「洗い流さないトリートメント」を知ろう!
Sep. 11. 2017 / 125 Views

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

個人メディアもやっているので是非のぞいてくださいね。

TRHOW/スロウカラーもかなり使い込んでいます。

洗い流さないトリートメントについて

洗い流さないトリートメントについては説明するまでないほどに、一般的に使われているケースが多くありますが、解説します。

洗い流さないトリートメントとは、アウトバストリートメントと言われることもあり、その名前の通りにトリートメントをつけてから、流さなくてもよいトリートメントのことです。

トリートメントは大きく2種類

そもそもトリートメントにはいくつか種類があります。大きくは3種類。

・洗い流すトリートメント(デイリータイプ)

・洗い流さないトリートメント

洗い流すトリートメント=インバストリートメントと呼ばれ、簡単に説明するとお風呂中に使い、トリートメントを塗布した後はお湯で流すタイプです。

洗い流さないトリートメント=アウトバストリートメントと呼ばれ、こちらはお風呂の後に使い、トリートメントを塗布したまま流す必要はないタイプなのです。

洗い流さないトリートメントの重要性
髪のダメージ進行を予防していくのがトリートメントの役割です。髪には普段からあなたが想像している以上の負担がかかっています。

例えば・・

・乾燥のダメージ

・紫外線のダメージ

・静電気のダメージ

・ドライヤーの熱ダメージ

・ヘアカラーやパーマのダメージ

・摩擦のダメージ

などがあります。

これらのダメージから髪を守るためには、アウトバストリートメントは必需品となります。髪につけたままにするタイプなので、つけておけば直接のダメージから髪を守ってくれるのです。
 
是非、参考に。

ご案内

・キシカズキって誰? | きしろぐ
・美容師がオススメするドライヤーの「復元ドライヤー/エレクトロンドライヤー」のメリットデメリットと使用感を徹底解説【4モデル比較検証写真付き】 | きしろぐ

美容師でデッサンが趣味です

・初心者でも描けるようになる「8ヶ月デッサン講座」 | きしろぐ

美容師のこだわり記事

・【2017年更新】スロウ/TRHOW ヘアカラーカタログ |きしろぐ
・【2017年最新版】ブリーチ・カラーカタログ完全版 | きしろぐ

  • twitter
  • facebook
noimage

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岸和希

B'WAVE/ビーウェーブ
岸和希

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名B'WAVE/ビーウェーブ

取扱カラーすべてのカラー

URL