カラーをする時に考えてること。 | THROW JOURNAL
PICK UP
カラーをする時に考えてること。
Sep. 02. 2017 / 660 Views

荻原峻一 | air-KOBE(エアー神戸)スタイリスト

air-KOBE(エアー神戸)で美容師をしております荻原峻一です。ブログでは、air-KOBE(エアー神戸)での日常や髪の知識、ヘアアレンジの仕方などを分かりやすく載せています!なかなか行きつけの美容院、お気に入りに出会えていない方はぜひ一度お越しください

毎日何人ものお客様をカラーする中で、なにをお客様に与えていくか。

そこには感動や、心を動かす。心を躍らせるような何かが必要です。

僕はカラーをする時、色味を考えるのと同時に、ヘアスタイルも考えます。

『このカラーだったら、このスタイルが合うな。。』とか、

まず先に色から見ていきます。

ヘアスタイルと同じように、もしくはそれ以上に、カラーというのは印象を決めます。

ヘアカラー=ヘアスタイル

ヘアカラー≠ヘアスタイル

どちらも正解です。

カラーが暗いからスタイルも重めにしようと思うこともあれば、

カラーが暗いからスタイルは軽めにしようとか、

カラーが明るいからスタイルは軽めに

カラーが明るいからスタイルは重めに
とか。

お客様の雰囲気や、髪質、毛量を見て、全体のスタイルを決めていくのです。

答えに正解も不正解もありません。

でも、考えて考えて考えて、出来上がったスタイル、それは正解になるんです。

もちろんお客様が満足したら大正解。

本日のお客様。

グラグラレイヤーの10バイオレット:ブルー:クリア (2:1:1)です。

楽しみながら、カラーしましょう!

THROWカラーで素敵なbeauty LIFEを☆

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

荻原峻一

air-KOBE
荻原峻一

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名air-KOBE

取扱カラーすべてのカラー

URL