「白髪が明るく染まりにくい」に対して。 | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
「白髪が明るく染まりにくい」に対して。
Jul. 28. 2017 / 180 Views

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

個人メディアもやっているので是非のぞいてくださいね。

TRHOW/スロウカラーもかなり使い込んでいます。

「なぜ白髪染めは暗くなるのか?」

今回は分かりやすく解説していきます。

白髪染めをすると髪が明るくならない原因について

白髪染めをすると明るくならない原因については、白髪のことを知ることからはじめましょう。

まず白髪になる原因に髪の色を決定する要素の1つであるメラニン色素の減少が原因となっています。

このメラニン色素が何らかの原因でつくられなくなると、

毛髪は色を失い、光を反射して白く見えるようになります。

これが白髪なのです。

メラニン色素のバランスが髪色をつくる

肌の色や髪の色、目の瞳の色をつくるのがメラニン色素です、

色素には、ユーメラニン(黒褐色系メラニン・真性メラニン)フェオメラニン(黄〜赤褐色・亜メラニン)の2種類があり髪のメラニン色素は、

コルテックス領域に存在し、髪の色はこれらメラニン色素の量や大きさ、組み合わせなどで決まります。

白髪にはメラノサイト(色素形成細胞)といわれるものが残っているにも、関わらずメラニン色素の合成を行っていないタイプと、

メラノサイトそのものが非常に減少、あるいは欠失しているタイプがあります。

白髪の多くはメラノサイトが欠失しているタイプなのです。

白髪のことを具体的に解説しました、要約すると「メラニン色素を人為的に削って明るくするのがヘアカラー」で「メラニン色素が自然に減少するのが白髪」というわけです。

ここでポイントとなるのが・・

  1. 白髪はメラニン色素を入れなければいけない
  2. 明るくするにはメラニン色素を削らなければいけない

つまり白髪を染めるために必要なことと

髪を明るくするために必要なことというのは全く正反対ということなのです。

これが白髪が明るく染まらない原理となります、「髪を明るくすること」と「白髪を染めること」は全く逆になるために明るくなりにくいということですね。
しかし全く明るくならないというわけではなく、とくにスロウカラーは赤みを削るだけでなく、色を明るくすることに対しても優秀ですよ。

是非、参考に。

ご案内

・キシカズキって誰? | きしろぐ
・美容師がオススメするドライヤーの「復元ドライヤー/エレクトロンドライヤー」のメリットデメリットと使用感を徹底解説【4モデル比較検証写真付き】 | きしろぐ

美容師でデッサンが趣味です

・初心者でも描けるようになる「8ヶ月デッサン講座」 | きしろぐ

美容師のこだわり記事

・【2017年更新】スロウ/TRHOW ヘアカラーカタログ |きしろぐ
・【2017年最新版】ブリーチ・カラーカタログ完全版 | きしろぐ

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岸和希

B'WAVE/ビーウェーブ
岸和希

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名B'WAVE/ビーウェーブ

取扱カラーすべてのカラー

URL