普段の白髪染もひと工夫でパサつき知らずの髪に | THROW JOURNAL
カラーアドバイス
普段の白髪染もひと工夫でパサつき知らずの髪に
May. 27. 2017 / 406 Views

都内で美容師をしております。
奥野涼子です。

Blog書いてます↓↓↓

太陽の光が強く感じる季節です。
陽の下にいると肌がジリジリする感覚ありますよね。
日焼けは「しみ」や「乾燥」の原因になりやすくなります…是非、紫外線対策は念入りにしたいところです!!!

コンフォートメインだけどファッションカラーも使う白髪染

【Before】

白髪の割合が黒髪よりも多く、毛先のカラーも退色した状態です。

白髪の髪というのは従来の黒髪よりも硬く、パサついたように見えやすいので、トリートメントなどで補うのはもちろんですがカラーで艶っぽく仕上げたいと思います。

今回は、白髪の部分をしっかり染めつつも、自然な柔らかいブラウンにしたいので

CN5:CN7+v6…1:1+20%

CN6でも染まるのかもしれませんが、5トーンの濃さが欲しかったのであえてCN5とCN7を合わせ。

コントロールカラーのような感覚でV6を。

ワンタッチ15分

仕上がりはこちら!

【after】

ヴァイオレットは、艶っぽく柔らかく見せてくれるので毛先がパサついたようになりやすい方にはオススメです。

求める質感に合わせて、ヘアカラーするのも美髪のコツです。

トリートメントケアで保湿も必要ですが、髪は視覚的にパサパサ感を引き出しやすいので、
ダメージを受けやすい
夏はヘアカラーにもこだわりたいですね(^^)

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

奥野 涼子


奥野 涼子

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名

取扱カラーすべてのカラー

URL