カラーリングを初めて担当するorされる方へ。失敗しない為に確認する事。 | THROW JOURNAL
お役立ち
カラーリングを初めて担当するorされる方へ。失敗しない為に確認する事。
May. 18. 2017 / 405 Views

こんにちはair-KOBEのオギワラです。

荻原峻一 | air-KOBE(エアー神戸)スタイリスト

air-KOBE(エアー神戸)で美容師をしております荻原峻一です。ブログでは、air-KOBE(エアー神戸)での日常や髪の知識、ヘアアレンジの仕方などを分かりやすく載せています!なかなか行きつけの美容院、お気に入りに出会えていない方はぜひ一度お越しください

カラーリングの際に失敗したくない。
カラーリング、失敗しないことは大前提ですが、

美容師側にも、お客様にも確認してほしいことがあります。

それは

パーマをしたことがあるか。

これは普通のパーマ(コールドパーマ)。ホット系パーマ(デジタルパーマorエアーウェーブ)。縮毛矯正(ストレートパーマ)が対象となります。

パーマがかかっている状態でカラーをすると、ダメージ具合やカラー剤によって、パーマがかかっている部分にカラー剤が凄く入り、沈んでしまったりしてしまいまう場合があります。

黒染めをしたことがあるか。

黒染めという感覚がなくても、5トーン以下のカラー剤を使用していると危険!!!

黒染めをしていると明るくならなかったり、カラーをすると色が黒く見えたりということがあります。

これらが残っていると、髪の毛の状態によっては、難しくなる可能性があります。

だいぶ前にされたものでも、毛先の方にまだ残っていれば必ず伝えましょう!!

そうすれば希望の色に近づくカウンセリングが、できると思いますよ。

適切なカウンセリングで、素敵なbeauty lifeをお過ごしください☆

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

荻原峻一

air-KOBE
荻原峻一

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名air-KOBE

取扱カラーすべてのカラー

URL