髪色の「暗い」と「濃い」はちょっと違う | THROW JOURNAL
noimage
カラーアドバイス
髪色の「暗い」と「濃い」はちょっと違う
May. 18. 2017 / 141 Views

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

個人メディアもやっているので是非のぞいてくださいね。

TRHOW/スロウカラーもかなり使い込んでいます。

今回のエントリーでは、

「暗い」と「濃い」はちょっと違う

そんなことについて。

みなさま、暗いと濃いの違いってなにかわかりますか?

以外にニュアンスでしか理解されていないことが多いのです。

まぁ、それもそのはず。

実際に美容師というプロなら見慣れているからわかるものの、お客さまに理解しろというのが無理な話です。

濃い色を目指して美髪カラーを目指しましょう

暗いというのは、そもそもの髪の三大原色と言われる、赤、青、黄がある状態の色が黒に限りなく近い色が暗いのです。

カラーを繰り返し繰り返し、定期的に入れていくことで、暗い色から濃い色をつくることができます。

濃い色をつくれるようになった時こそ、スロウカラーの真の実力が発揮されます。

美容師だけでなくお客さまもスロウカラーを使いこなしましょう

そんなことも大切ですよ。

是非、参考に。

ご案内

・キシカズキって誰? | きしろぐ
・美容師がオススメするドライヤーの「復元ドライヤー/エレクトロンドライヤー」のメリットデメリットと使用感を徹底解説【4モデル比較検証写真付き】 | きしろぐ

美容師でデッサンが趣味です

・初心者でも描けるようになる「8ヶ月デッサン講座」 | きしろぐ

美容師のこだわり記事

・【2017年更新】スロウ/TRHOW ヘアカラーカタログ |きしろぐ
・【2017年最新版】ブリーチ・カラーカタログ完全版 | きしろぐ

  • twitter
  • facebook
noimage

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岸和希

B'WAVE/ビーウェーブ
岸和希

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名B'WAVE/ビーウェーブ

取扱カラーすべてのカラー

URL