一味違うモノトーンのつくり方。 | THROW JOURNAL
noimage
カラーアドバイス
一味違うモノトーンのつくり方。
Apr. 29. 2017 / 515 Views

こんにちは、広島市で美容師やってますteteの高橋健治です。

throwでも人気の色味、モノトーン。

皆さんは染めたことありますか?スロウのモノトーン。

MONOTONE

FASHION COLOR

Mt/モノトーン

クリア感のあるグレイッシュ

詳しく見る >

モノトーンって、

他の表現で言うと、

無彩色、

シルバーアッシュ、

などでしょうか。

ナチュラルな透明感、クリアさに圧倒的な支持がある色です。

もちろん、これ単品でも綺麗に発色してくれます。

単品でも十分綺麗なんですけどね(^^)

そんなモノトーンをさらにクリアに、

より透明感を持たせて、

一味違うモノトーンに仕上げてくれるレシピがあります

mt:v:blue→5:1:1(目安)

ベースはもちろんモノトーンです。

vは黄色味を消す為に使います。

blueは赤みを消す為に使います。

throwの場合、ミックスしても色が濁らず発色してくれるので、

こんなワガママでシビアなレシピでもキチンと結果を出してくれます。

※カラー剤の比率はあくまで目安です。実際ベースのアンダーや赤み、黄色味によって調整が必要です。自分の髪をよくわかってくれている美容師さんにご相談下さい。

お試しあれ(^^♪

  • twitter
  • facebook
noimage

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

高橋健治 (kenzo ケンゾー)

tete
高橋健治 (kenzo ケンゾー)

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名tete

取扱カラーすべてのカラー

URL