暗くなりすぎたカラーを明るくする方法 | THROW JOURNAL
お役立ち
暗くなりすぎたカラーを明るくする方法
Feb. 07. 2017 / 18416 Views

暗くなりすぎたカラーを明るくする方法

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

たまにカラーをしてこんな事ありませんか?
【思ったより暗く色がなった】

これはトーンダウンの時や抜けていたカラーの色味を入れ直した時によく聞く言葉です。
今日はそんな時の対処方法を書かせてもらいます。

色が思った以上に暗かった時の対処方法

例えば想像してた色味よりもあからさまに暗く全然イメージと違っている場合なのですが、もし美容室で染めたのであればその場で暗すぎると美容師さんに相談をし、場合によっては染め直しをしてもらう方がよいです。
あからさまに暗い場合は染め直す方が早いのでそれがオススメですが、もしホームカラーで、暗くなってしまったりなどで自分で再び明るいホームカラーで染め直すのは辞めた方がよいです。
理由はご自身でもう一度染めて明るくしようとするとほぼ間違いなくムラになり、明るくならずに髪の毛を傷ませる結果になりかねません。

ですからあからさまに暗いならプロに頼むのが一番です。

気持ち暗いかなと言う時は?

もし気持ち暗いとか色味が濃いと言うなら染め直しをしないで例えば毎日のシャンプーを少し温度高めで洗ったり、お風呂場で髪の毛を洗って髪が濡れた状態で少し長めに居てもらったりすると色落ちが激しくなり、暗すぎたカラーが取れやすくなります。

普段はカラーの褪色を防ぐ為に逆の行動を、しますが入りすぎたカラーにはこれもまた有効なのでお試しください。

でもとりあえずどんな明るさでも、少し違うなと、思ったら美容師さんに相談するのが一番なので先ずは相談して見てくださいね。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL