夏と冬ならどちらが褪色しやすくなる? | THROW JOURNAL
お役立ち
夏と冬ならどちらが褪色しやすくなる?
Jan. 31. 2017 / 399 Views

夏と冬ならどちらが褪色しやすくなる?

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

ふと思ったですが夏と冬どちらが髪の毛にダメージを与えると思いますか?

夏のダメージ


夏といえば紫外線です。
紫外線を浴びると髪の毛の中のタンパク質に影響を与え、乾燥や枝毛の原因にもなります。
そして、強い日差しによって髪の毛は焼けてキューティクルも剥がれやすくなり、せっかくしたカラーも取れやすくなります。

対策としてUVケアスプレーや日傘、帽子、そして日頃のトリートメントが有効です。

冬のダメージ


冬と言えば、暖房等による乾燥です。
また、冷たい風などによる髪の毛がパサつき、切れ毛も増えやすくなります。
そして、空気の乾燥によって静電気などが起こりやすくなり、髪の毛が広がったり、髪の毛同士が摩擦しやすくなるなど、キューティクルが剥がれてカラーが取れやすくなります。

対策としては、保湿力のあるトリートメントオイルなどを使ったりしてなるべく潤いを与えたり、トリートメントなどのケアもやはり有効です。

と、それぞれのダメージを与える原因が違うのですが、さてどちらが特にダメージを与えカラーの褪色繋がるかと言うと冬だと思います

何故、冬?

何故、冬かと言うと乾燥とそして静電気を帯びてしまう事が大きいかと思います。

夏の紫外線より冬場の静電気などの方が髪の毛を摩擦させたりなど影響を、与えやすくより褪色の原因になってしまいます。

ですから冬場の乾燥に気をつけてしっかりケアをしてみてくださいね。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL