2017年のヘアカラートレンドをある時代背景から考えると【アッシュ】に行きつきました。 | THROW JOURNAL
PICK UP
2017年のヘアカラートレンドをある時代背景から考えると【アッシュ】に行きつきました。
Jan. 24. 2017 / 3210 Views

こんにちは!世田谷の千歳烏山にあるINDEXの柴田卓です^ ^

今回は今月のテーマ【2017年のトレンドはズバリ?】について個人的にヘアカラートレンドとして感じる事を。

僕はヘアカラーで考えた時にいろいろな背景から考えても【アッシュ】が外せなくなってるなと感じています。

アッシュとはそのまま訳すと『灰色』の意味があります。

まさに灰色を表現したようなブリーチを使ったアッシュカラーもありますが、あくまで地毛のブラウンがベースにありつくられる【アッシュ系】の方が一般的には多く見られると思います。

このスロウもアッシュに特化したカラー剤です。

ASH

FASHION COLOR

A/アッシュ

クリア感のあるブルーアッシュ

詳しく見る >

COMFORT ASH

COMFORT COLOR

CA/コンフォートアッシュ

クリア感のあるアッシュブラウン

詳しく見る >

2016年スロウはズドンとインパクトがあったと思いますが、実は他メーカーさんもとても【アッシュ】には動きが活発で外せなくなっています。

【アッシュ】は赤みを削り透明感がでるので【外国人風カラー】とも称されます。

日本人は欧米文化を追ってきた部分もありますし、強いビジュアル的な【憧れ】がある人も多いと思います。

欧米文化が良い悪いではなく、ヘアーに限らず衣食住、ファッション、思考、経済、ビジネスなど様々な面で取り入れてきました。

今回は単純にヘアーカラーですが、【外国人風カラー】がブレイクし、それぞれのライフスタイルや制限の中でも、拘り、工夫もされ表現されています。

僕もそうですがアッシュ大好き!な人多いんですよね^ ^

IMG_1771

2016年の秋にはピンク系やヴァイオレット系の、暖色だけど暖色感の少ない透明感があるカラーも溢れました。

実際僕も夏まではアッシュの虜のようなところもありましたが(笑)、ピンクベージュやヴァイオレットアッシュなどもご提案させていただき喜んでいただけました。

IMG_0856

という事を踏まえ僕が考える2017年のトレンドは、

【アッシュ】を大きな基軸として、暖色や寒色問わずにミックスしたりシンプル化したりと足し引きしていくような流れを感じます。

皆様それぞれの個性が表しやすくなっているし、好きなものは好きという好みも表現したりと【幅が広がっていく】と思われる2017年のヘアカラーを是非一緒に楽しみましょう^ ^

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

柴田 卓

INDEX
柴田 卓

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名INDEX

取扱カラーすべてのカラー

URL