[adopt Color]トレンドカラーとは追うものではなく取り入れるもの | THROW JOURNAL
PICK UP
[adopt Color]トレンドカラーとは追うものではなく取り入れるもの
Jan. 22. 2017 / 360 Views

 

 

 

トレンドカラー

 

 

 

いつもありがとうございます

ライターの毛利です

 

 

 

今日はトレンドカラーについて少し書いていこうと思います。

僕は普段大分県別府市という片田舎で美容師をしています。

 

 

 

 

しかし

今はネット社会になり

こうして皆様の目に届くような記事も書かせていただいています。

そして田舎の流行は都会から一年近く遅れてやってきます

場所にもよりますが。

 

それをいち早く察知して

お客様に提供するのが我々美容師の仕事だと考えています

 

 

その中で毎年

 

「トレンド」

 

 

というものが変わってきます

いわゆる

「流行」というやつです

 

 

今年はやはりピンク系が多くなってきている

ベリーピンクなどが筆頭ですね

各カラーメーカーもこぞって「暖色」の色を発売しました

 

スロウもピンクやバイオレットなど大人気です

 

 

 

 

 

 

が!!

 

 

 

 

 

 

今まで流行ってた「アッシュ」はどうなっちゃうの?

 

 

 

大丈夫です。

引き続き大人気です。

 

 

そこで僕が提案しているのが

トレンドを取り入れるカラー

ネーミングセンスがない僕はとりあえず

「アダプト(組み込む、適合させる)カラー」

とでもしておきますw

 

 

がっつりトレンドカラー(ベリーピンク等)にしてしまうのはリスクがあります。

 

 

なぜなら

ピンク系(暖色)はアッシュ系(寒色)の逆の色

 

 

 

僕自身何回も述べていますが

カラーは積み重ねが重要です

 

 

同じ系統の色で染め続ける方が間違いなくクオリティは高まります

 

 

そこで

アダプトカラー

 

 

 

今までの

外国人風アッシュをベースに

少しずつピンク系を取り入れて

トレンドに寄せて行く

 

 

img_4052

 

 

img_3600

 

 

こうした調合をすると

アッシュの中にも柔らかさが出てきます

 

それでいて

クオリティは高めることが出来ます

夏になると暖色の人気が下がると思います。

そうした時に完全に暖色からまた寒色に持って行くと積み重ねがゼロからスタートになるので、クオリティ低下に繋がります

 

 

カラーはトレンドも大事だけど

長期計画が最も大事です

 

 

担当の美容師さんと相談しながら

楽しいカラーライフを送りましょう!

 

 

 

アダプトカラー(ゴリ押し)

 

おすすめです!!

トレンドを少し取り入れてみてはいかがでしょう?

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

毛利光希

HairGran.
毛利光希

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HairGran.

取扱カラーすべてのカラー

URL