コンフォートラインとアクセントラインで作る「グレー」 | THROW JOURNAL
PICK UP
コンフォートラインとアクセントラインで作る「グレー」
Dec. 11. 2016 / 2886 Views

airの木村です。

12月の日々頑張っています。

1番辛いことは来週の火曜日に「逃げ恥」を見れない事です。

まぁ仕方ないですね。録画はしてますが、死んでもTwitterは見ません。

内容がわかってしまうからです。

Twitterあるあるですね。

僕が参加していない逃げ恥のツイートなんて嫌いだ!

さて…

モデル、女優の「山本美月さん」が髪を整えにきてくださいました。

コンフォートラインとアクセントラインのミックスは絶品

そう、ファッションで混ぜる事の多い「アクセントライン」

これがまた「コンフォート(グレイカラー)」と混ぜ合わせてつかうのはとても効果的です。

なんていうか…

暗いんだけど色がしっかりのる

みたいな…

こちらは…

6/CA:BLUE 1:1 4・5% 20分放置

にて使用しています。

濃厚なんだけど、なんだかくすんでるよね?

みたいな仕上がりは今っぽい。

まさに「逃げ恥」ムズキュンを表現するにぴったりですね。

ハーメルンにはならないように。。。

あ、番組飛び越えたわ。

そんなこんなでこんなコンフォート使いも是非ご参考ください。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

木村直人

air/ LOVEST
木村直人

  • twitter
  • facebook
  • instagram

air/LOVEST Director 「木村 直人」 髪を通じて女性の「像」を作り続ける事にこだわる、airが誇るユーティリティプレイヤー。 代表作「グラデーションカラー」をいち早く世に送り出し、ヘアカラーに対して常に斬新な価値観を持ち、新たな創作をし続ける。 ヘアカラープロデュース、パブリックシャンプープロデュース、LINEスタンプディレクション、ヴァーティカルメディア編集長、書籍出版(2013発売の著書はAmazonランキングビューティ部門1位獲得)と女性に対して「美」という視点からの仕掛けは止まる所を知らない。 また、ネットコンテンツではオンラインサロン「マルチバース」を主宰し(会員約500名)、業界内外問わず常に先を走る仕掛けをし、作り続けている。 個人で運営する「naotokimura.tokyo」は月間200万PV、年間で1000万人以上が閲覧するモンスターメディア。 常に先端のツールを使いこなし、結果に結びつける所から、講演、対談、自身の生き方に関しての取材が後を絶たず、業界を飛び越えた「社会」に対して、「美容の在り方を問う」アクションを続けている。

店舗名air/ LOVEST

取扱カラーすべてのカラー

URL