カラーを保つトリートメント方法 | THROW JOURNAL
お役立ち
カラーを保つトリートメント方法
Oct. 03. 2016 / 741 Views

カラーを保つトリートメント方法

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。


カラーを長く保つのに必要なトリートメント。

きちんとケアしていますか?

何気にしているホームケアのトリートメント。

キチンとしていますか?

家でのトリートメント方法

中間、毛先の水分を取る

先ずはトリートメントの前にシャンプー後の濡れた中間、毛先の髪の毛は水分を、タオル等でしっかり取って置いてください。

水分が残っているとトリートメントの浸透率が変わりますよ。

その時タオルでゴシゴシこすりすぎるとダメージの原因にもなるのでご注意してください。

髪の中間から毛先までトリートメントをつける

根元はそこまでつける必要はないのでダメージの激しいと思われる毛先から中間につけてトリートメントをつけて下さい。

根元につけすぎるとトリートメントが毛穴を防いてしまうので注意して下さい。

髪を握って内部まで浸透させる。

ただ、つけるだけでなく、髪を束にして両手で握り、毛先に向けて少しずつ手の位置をずらしながらトリートメントを浸透させます
適量はトリートメントが指の間から溢れるぐらいです。溢れてこなかったら、トリートメントを足して下さい。
溢れてきた分は、毛先に付けまると丁度良いです。

キャップや蒸しタオルで時間を置く。

そのまま自然放置をするのでなくキャップや蒸しタオルで時間を置くと効果はアップします。

トリートメントは綺麗に流す

時間を置いた後のトリートメントはもう、浸透しているので綺麗に流して終えて下さい。

流し不足だと髪の毛が重たくなるだけなので気をつけて下さいね。

カラーを維持するのにトリートメントは大事ですので、少し意識してみてくださいね。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL